角倉邦良

地方分権改革実現! 対話と現場主義 - すばやく実行  群馬県議会議員 角倉邦良の活動報告

2016.10.14 オノデンボーヤ

2016-10-14 18:46:01 | 日記
昨日は終日、東京でした。大河原まさこさんの新しい事務所に訪問。国会で八ッ場ダム建設費の増額分支払いを国が全て負担する事を可能にする立法化について民進党政調会スタッフに要請。幾つかの課題があるが地方県連からの立法化要請という事案はあまりないこと。普通はやる気のある国会議員に協力要請するのだが新たに創設される地方議員の本部常任幹事と連携し民進党の機関として取り組めるようにしたい。

更に地方公共団体の売電のあり方について菅直人元総理に相談し協力していただけることになりました。電力の自由化や発送電分離の見据えて地方公共団体の売電は課題がいっぱいです。群馬県企業局は地方公共団体の発電量としては日本一の量です。売り上げ金は65億円という多額なものとなっています。県民にとって少しでも高い価格で売電することは地方公共団体の責務です。課題解消に取り組んでいきたい。

国会終了後、上野でお世話になっている労働組合役員と日本の移住労働者の人権擁護のための政策について議論。途中、秋葉原を散策しオノデンボーヤを発見。久々の秋葉原でしたが街のありようが変貌していましたが、何だか秋葉原の勢いが落ちているように感じられました。オノデンボーヤもいつまで存在できるか心配です。

夜は自治体議員立憲ネットワークのメンバーと意見交換で神田で一杯。衆議院選挙が1月にもある可能性が強まる中で安倍政権と対抗していくための野党共闘のあり方について方向性を示していかねばなりません。11月の自治体議員立憲ネットワーク代表世話人会議で具体的な取り組みの方向を示したい。

日本酒はうまかった。しかし高い日本酒でした。でも、やめられない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.10.13 岡田さんは柔ら... | トップ | 2016.10.15 谷川岳の初秋 »
最近の画像もっと見る