角倉邦良

地方分権改革実現! 対話と現場主義 - すばやく実行  群馬県議会議員 角倉邦良の活動報告

2017.2.23 富岡製糸場day

2017-02-23 23:52:08 | 日記
本日は富岡製糸場dayになりました。富岡製糸場の紙芝居上映会の案内で甘楽町役場に。町長、町議会議長、教育長の皆さんご案内。ビックリしたのは私と富岡高校同期生が甘楽町副町長になっていたことです。紙芝居上映会での再会が楽しみです。

吉井町に移動して多胡小学校に。富岡製糸場世界遺産伝道師協会の皆さんがボランティアで子供達に富岡製糸場と世界遺産の理解を深めてもらうために座繰り指導に来てくれました。二時間の課外授業でしたが子供達は大喜びで本当に生き生きと楽しそうに座繰りに取り組んでいました。

ボランティアの皆さんのこうした活動が富岡製糸場世界遺産という文化と歴史の継承につながり且つ教育効果が高い取り組みになっています。こうした活動を学校がもっと受け入れてくれるように県議会でも取り上げていきたい。

私も座繰り指導を受けました。文化と歴史の追体験は楽しいです。校長先生からも小規模小学校の存続に向けてアドバイスをいただきました。何とか多胡小学校を存続させていきたいです。

東京駅に到着しました。これから銀座のぐんまちゃん家で富岡製糸場の紙芝居の宣伝活動。サロンドGという都内のメディアと旅行会社向けの群馬県主催のキャンペーンの中での上演です。どこまでアピールできるのか不安ですが直球勝負の今です。

本日は富岡製糸場dayであります。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.2.22 子供の貧困とは! | トップ | 2017.2.24 富岡製糸の紙芝居... »
最近の画像もっと見る