東郷町議会議員 門原武志(日本共産党)

門原武志の活動などをご報告します
連絡先090-1835-5649
kadohara@joy.ocn.ne.jp

「人口減少への対応」への対応として子育て支援の充実についての川瀬町長の考えを質問しましたが、町長からは哲学についてご高説をいただきました。

2017年03月21日 | 日記
 川瀬雅喜町長が施政方針で「将来の避け難い人口減少問題を克服するため、昨年3月に策定しました『東郷町まち・ひと・しごと創生総合戦略』の具体策に一つである『道の駅構想推進事業』…」とのべたことについて、私、日本共産党の門原武志は人口減少に対応するには子育て支援や公共交通の充実が必要だと問題提起し、川瀬町長の考えを質問しましたが、町長は"哲学論"とも呼ぶべき持論をのべました。
 門原議員の質問と町長の答弁(概要)を紹介します。

 詳しいやり取りは議会終了後に公表される会議録一般質問映像配信をご覧ください。

町長、持論を展開

門原 町長は全国的な人口減少の原因は何だと考えるか。私は、若者が家庭も持てないような低賃金で生活していることが、人口が増えないことにつながり、また、自動車がなければ生活が成り立たないような交通が不便な地域ではいつまでも住み続けられないようにしているのではないかと考える。子育て支援や公共交通の拡充が人口の自然増の増加や、社会減※※の減少につながるのではないかと考えるがどうか。

川瀬町長 社会減の減少は、ここで議論していては時間が足りない。いろんな捉え方があり、国を挙げて取り組んでいる。議員が言う通りのことに私が「はあ、そうですね」、と言っていても議論にならない。国家レベルで議論やっていただかないといけない。…(中略町長が哲学書に書かれていることを紹介)…先人たちの預言書が世界を動かしていると思っている。…(中略 町長がある世界観を紹介)…それに我々が振り回されているのではないかとご理解いただいた方が分かりやすいのではないか。世界で議論されていることを、我々が今ここで議論しても答えを出すのは難しい。

門原 町長が行政の責任者としてどう考えているのかを聞いている。
子育てするなら東郷町ということで、待機児童ゼロ※※※、高卒業までの医療費無料化ということを答弁してもらえるのかと思っていた。

町長 子どもの数が減るから人口が減る。出生率を上げるのが人口増やすことにつながる。議員が言った医療費無料化も他に先駆けて実施した。東郷町の出生率は平成27年度の速報値で正確ではないが、1.68で、たぶん県内で最も高い方だ。しかし2.1ないと人口が減る。門原さんから賃金を上げるための提案がいただければ議論できる。

門原 町長が言ったこと(施政方針)について質問している。「子育てするなら東郷町」(川瀬町長が好んで使うスローガン)には私も大賛成。子ども医療費無料化も、町長が「無理だ」と言っていたときから提案してきた。巡回バスもまだ十分ではない。そういう観点から議論できれば良いと思う。


人口の自然増…子どもが生まれて人口が増えること。逆は「自然減」で、人の死亡で人口が減ること。

※※人口の社会減…引っ越しで人口が減ること。人口流出。逆は「社会増」で、引っ越してきて人口が増えること。

※※※待機児童ゼロ…町当局は、2017年度当初で東郷町は保育園の待機児童が0人になる見通しを3月議会の保守系議員の一般質問への答弁で明らかにしました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「道の駅」への不安に耳を傾... | トップ | 「日本共産党東郷町議員団」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。