かきろぐ
かっきいが気になったマルチメディア系の情報をとりあげます。
デジタル機器のレビューも豊富です。
 



僕と同じ誕生日で同じ年に生まれたイギリス人のRichard Burnsという人がいました。

彼はラリードライバーでスバルが初めてメーカーチャンピオンを取った1995年にサードドライバーでインプレッサ555に乗っていて、最終戦のRACラリー(現在のGBラリー)で3位に入り、スバルの2戦連続の123、そしてメーカーチャンピオンに貢献しました。

ちなみにその年に僕は限定500台のインプレッサ初のWRCブルーのSTi VerII 555を購入しています。
オプションのステッカーまでフルで貼ってて、よく変人扱いされたものでした。

その翌年に三菱に移籍し、サファリラリーに優勝するなど活躍し、後にスバルに戻り、2001年にはドライバーチャンピオンを獲得しました。

その翌年にフォードに移籍しましたが、うまく行かず、再度2004年にスバルに復帰する予定でしたが、脳の病気で倒れて復帰は叶わず、2005年の11月25日に帰らぬ人となりました。

ここまで覚えられてるのは、その2005年11月25日は僕の次女が生まれた日だからです。

このことからも、とても他人とは思えず、いつまでも忘れられない人です。


そんな彼の遺志を継いだ財団が、Richard Burns Foundationです。

ラリーの支援や脳の病気の支援などもしています。

以前から何か支援したいなと思っていましたが、Richard Burns Foundationのショップが日本への発送に対応したようなので、ステッカーとTシャツを購入してみました。
送料込みで78ユーロでした。

このオレンジのステッカーは前から欲しかったんですよね。
僕のブラックのスバルR2に貼ろうと企ててます。
Tシャツもブラックにオレンジなので、ピッタリだと思います。

R2は長く乗ろうと思ってるので、バーンズを忘れないためにも、ステッカーを貼ってカッコ良くしたいです。

貼った姿はブログに載せようと思います。
リチャード・バーンズ ラリー
クリエーター情報なし
キッズステーション


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 6月26日(火)のつ... 6月28日(木)のつ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


携帯アクセス解析