ボヤキの百姓

中津川で春から秋までは、百姓とサラリーマンで余裕なしの生活に疲れ果て、冬は週末のスキーでまた疲れる、そんなボヤキの百姓。

今日のSG課長

2017年04月21日 | 日記・エッセイ・コラム
森友学園はついに民事再生手続き踏み切ったようですが、20億円からの借金があって、再生する道はあるのでしょうか。それから昨日3億8千万円強奪された関連でしょうか、韓国人4人が空港で7億円持っていて逮捕されました。銀座では7000万円の現金を持っていた自営業の人が、襲われて4000万円くらい取られました。それにしてもこの人たち、どうしてそんなに多額の現金を用意しないといけないのでしょうかね。被害に遭われたというものの、どう考えても現金を持っている人も怪しい感じがしてなりません。さて今日は至急の納品もないので、ゴールデンウィーク中も営業しているお客さんを回って、連休中にポリ袋の欠品がない様にしょうと思いました。まずは連休とは関係ないのですが中野方の販売店さん、そして飯地のアルミパイプの加工工場へ。久しぶりに中野方から飯地に向かう道路を通りましたが、いつの間にか何区画も宅地が整備されて売出されていました。どこの不動産屋さんが整備したのか分かりませんが、飯地の土地を買って移住して来る人がいると、本気で考えているのでしょうか。世の中には物好きな人はいっぱいいますが、恵那市内まで車で15分の阿木でも、分譲地は1区画もありませ。なぜ飯地なの?という感じがしてなりません。当然ですが、1区画も売れていません。分譲中ののぼりが虚しく風に揺れているのが、印象的でした。昼前に岩村へ。販売店さんで、詳しい内容は言えない、困った相談を受けていたので寄ってみたのですが、こちらで何もしないうちに、自動的に問題が解決することになり、ちょっとほっとしました。ここの社長さんと話しているところへ、県会議員のMさんが給油にみえて、3人で蛭川の怖い先輩の悪口で盛り上がりました。午後は中津川インター近くの勢いのある取引先へ。今日も観光バスが何台も来て賑わっているのは、ここだけです。28日からお店の中にパン屋さんがオープンするらしく、工事が急ピッチで進んでいます。国道19号沿いに移転するかもしれないという噂もありましたが、ペンキ屋さんが外壁の塗り直しをやっているので、それも無さそうです。神坂のお客さんでは、馬篭へ行ったバスが表を素通りしていくだけで、観光客はまったくいません。静かなものです。ここの社長さんが珍しくご不在なので聞いてみると、1週間くらい水の営業に回るため、出張中ということです。ここの社長さんが営業にでかけるなんて、初めて聞いた話ですが、奥さんの姿も見当たらないのが気になります。夕方、会社に戻ると、組合の総会と懇親会があるということで、SG課長が薄いパープルのジャケットを着込んで出かけようとしています。吉本新喜劇の舞台衣装の様なそのジャケットに、私だけでなく全員が食いつきました。SG課長も二次会のスナックで、さぞモテることと思います。
精密測定器の会社の庭に、聞いたこともない鳴き声の鳥がいました。

明智で

坂下で


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花桃咲く | トップ | 代かき第二ラウンド »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (一見さん)
2017-04-22 00:32:33
写真の鳥はチドリ科のケリかと思われます

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。