かっちゃんのお魚ブログ

ヨシノボリ類、小型ボウズハゼ類など淡水ハゼの採集・飼育・撮影。 (※スマホの方は一番下からPC版へどうぞ)

平成25年度ゴリ研究会(2013/08/03~04) 2日目

2013-08-09 23:44:45 | お魚
早朝の魚捕りを終えると、ゴリ研の会場・碧南市臨海体育館へと向かいます。(昨日とは会場が異なります)
水族館の入り口前を体育館に向かって歩いていると、クマゼミが鳴いておりました。
他の参加者の方と体育館の入り口付近で合流、体育館へと入ります。





3人とも、誰かが順路を知っていて、自分はついて行っているような気分だったのか、そのまま階段を上がります。
何かの試合会場に行ってしまいました。
思いっきり場違いですね。(笑)

再び階段を降りると、無事に会場に到着します。
早朝から汗をかいて酒はすっかり抜けたかな?という気分でした。
さほど睡魔は感じていなかったのですが、ハッと気がつく事が数回ありましたです。(笑)





平嶋さんの発表はシマヒレヨシノボリです。
さて、ご本人はどこに?・・・・・(写っていません)
うーん、どういう狙いでこの写真を撮っていたのでしょうか?(解りません)

この日の発表は全部で1時間くらいの予定でしたが、少し長引き11時過ぎくらいに閉会となりました。
関係者の皆さま、お疲れさまでした。

さて、ゴリ研究会は閉会しましたが、今回はまだイベントが続きます。
すぐに、碧南海浜水族館のバックヤードツアーがあるはずでしたが少し後ろ倒しとなります。
お弁当を注文していただいていましたが、流れで水族館見学へ先に行きました。
夏の特別展・ハゼの魅力展を中心に見て廻ります。

バックヤードツアーは、一般のお客さんが見ている展示水槽の裏側を見学させていただけます。
ゴリ研参加者は3つのグループに分かれ、3人の職員さんに先導されて、少しずつ違うルートで見学します。
時間厳守で床が航空写真がになっている場所で集合です。(社会見学のようですね)

大水槽を上から眺めたり、裏側の水槽で飼育されている魚がいたり、専門の調理師さん(?)が餌の準備をしていたり・・・
なかなか楽しいものです。
でもやはりハゼが入っている水槽があると近寄って見てしまいますね。

バックヤードツアーが終わると、いよいよお弁当です。
前日予約で金500円でお願いしていたお弁当ですが、これがなかなかのボリュームでコスパ最高です。
しかし、ここでも写真を撮っていない・・・ブロガー失格ですな。(笑)

ボリュームありますね・・・などとお話をしていたら、実はもっと多かったそうで、これでも元よりは減っているのだそうです。
ぜひ、減量前をいただきたかった・・・などとアホな事を言っております。

お弁当を食すと、しばし待ち時間です。
そのあとは、お待ちかねの「ハゼトーク」です。

イベント盛りだくさんの2日目も、つつがなく終了となります。
ご挨拶をしていたり、記念写真を撮っていたり、皆さんそれぞれに名残を惜しまれていたようでした。

おかげさまで大変有意義で、とても濃厚な2日間でした、
参加された皆さま、お疲れさまでした、大変お世話になりました。
次回のゴリ研までお元気で!

その後カワヨシノボリを見に行きませんか・・・というお話があったので、平嶋さんのお車に便乗してご一緒させていただく事にしました。
なにぶん、月曜日に休暇を取る事ができたので、余裕のかっちゃんなのであります。

ただ、寝不足+ハゼトークのボウズハゼの話で、脳みそが軽い洗脳状態だったのかヨシノボリに反応が鈍かったです。
(沖縄へ行った時などはボウズハゼが中心で、ヨシノボリにあまり目がいかないのです。)
平嶋さんといろいろお話ができて楽しかったです。

近くの駅まで平嶋さんに送っていただきました。(感謝)
鉄道の駅に着いてからは、ひとり「鉄道」の世界ですので、「お魚」の話はこれにて終了とさせていただきます。


<ブログランキング>
ポチッとな!でお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村


お時間のある方は、以下にもポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング


FC2 Blog Ranking


ブログ王
『魚』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成25年度ゴリ研究会(2... | トップ | 平成25年度ゴリ研究会(2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。