カブトビール屋

明治時代に半田赤レンガ建物で作っていた『カブトビール』の販売情報をお届けします

パリ万国博覧会 金牌賞受賞

2017年05月20日 | グルメ

 1900年パリ万国博覧会で『カブトビール』が金牌賞を受賞した時の審査報告書が残っている。その一部を紹介しよう。「ビールは我が国からは、わずかにアサヒビール、エビスビールそしてカブトビールの3種だけであったが、他の各国からは多数の出品があってその品評には最も熟練した審査官一同が全力を尽くした。特に金賞、銀賞については各々所見を主張して決定したものであるが、我が国から出品した3種についてはドイツの製品に比べるとやや及ばないところがあるものの、その他の各国の製品に対しては遜色なく、3種の内アサヒビールとカブトビールは同点で、エビスビールは若干低い点数であったがいずれも金牌賞の評決となった。・・・」とのこと。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カブトビール復刻秘話 その八 | トップ | 復刻カブトビールの特徴 その壱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。