カブトビール屋

明治時代に半田赤レンガ建物で作っていた『カブトビール』の販売情報をお届けします

カブトビールの歴史の話 その五

2017年05月05日 | グルメ

 明治39年(1906年)『カブトビール』の製造会社である丸三麦酒株式会社が甲州財閥の根津嘉一郎に渡り、日本第一麦酒株式会社になる。 
明治41年(1908年)日本第一麦酒株式会社より加富登麦酒株式会社に社名変更する。 
その後、大正11年(1922年)大日本帝国鉱泉株式会社と日本製壜株式会社を合併し、日本麦酒鉱泉株式会社と改称し新たに『ユニオンビール』を発売した。 
昭和8年(1933年)当時全国の80%近いビールのシェアを占めていた大日本麦酒株式会社と合併する。
昭和18年(1943年)企業整備令の適用により半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)は閉鎖され、『カブトビール』の歴史に幕を下ろすこととなった。

ジャンル:
お酒・お茶
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カブトビールの歴史の話 その四 | トップ | カブトビール降臨!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カブトビール石碑 (yano)
2017-05-07 22:47:44
三重 多度にて小さな祠にカブトビール名古屋の石碑を
見つけました。
大正時代の日付けです。
Unknown (カブトビール屋)
2017-05-13 11:01:55
貴重な情報をありがとうございます。すでに現地調査をすませております。でもなぜ多度のあの場所に石碑があるのかは、解明できませんでした。

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。