カブトビール屋

明治時代に半田赤レンガ建物で作っていた『カブトビール』の販売情報をお届けします

カブトビール復刻秘話 その六

2016年12月07日 | グルメ
復刻『カブトビール』のこだわりをもう一つ披露しよう。復刻『カブトビール』には、全部で4枚のラベルが貼られている。ビンの首のまわりとビンの真ん中やや上に各1枚と胴の表にカブトビールの大きなロゴ入りラベル、裏に成分表示等のお決まりのラベルである。当然ながらカブトビールのロゴ入りラベルは、明治時代に売られていたときのラベルをそのまま復元したものである。こだわっているのは首のあたりを一周している水色のラベルとその少し下にある小型のラベルの2枚である。本当は、この2枚のラベルを貼るのをやめておけば、製造コストをさげることができ儲けられるのだ。しかし、何度も書くが、明治時代の『カブトビール』を出来る限り忠実に復刻することにこだわっている。今日もパートのおばちゃんが一生懸命ラベルを一枚一枚心を込めて手で貼っているのだ。おばちゃんありがとう。(添付画像は、明治時代のカブトビール)
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カブトビール復刻秘話 その五 | トップ | カブトビール復刻秘話 その七 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。