ブルーモーメント                                               

チラシの裏にでも書いていればいい日常と考えていることを書いているブログです。

最初の会社を円満退職した時の話⑧…メインユーザーの引き継ぎが・・

2017-05-05 00:01:33 | 日記・エッセイ・コラム

前回⑦…先輩と飲みに行くで書いた通り
辞表提出に辞めることを言う気が失せてしまった中で
私が辞める前提で仕事の分担が進んでいる
こと(少なくとも件の顧客の新規オーダーは)が分かったことは
私に安堵感を与えることではあった。

また、直属の課長からお茶に誘われ
再び「掛け持ち」の話を持ち出され無理だと断ってから
そちらの仕事も新規では入って来なくなった。

しかし件の顧客の現在進行中の仕事が引き継がれる気配が全くない。

主に別セクションの次長と仕事をしているのだが
次長はその気が全くないようだ。

部長に「週二日はこっちに来い」と言われたという話はしたが
まるで私がフルで会社を続けるかのような気でいる。

このままでいては次長は大変なことになる。

「こんなペースで仕事をしていたら2月になっちゃいますよ」と言ったら
「2月にやればいいじゃないか」との返事が返ってきた。

「そうですか2月ですか」と私は言ったが
それ以上いう気力は失せていた。
会社から抵抗に遭ってるのみならず
これは極まて特殊なケースなのだが
転職先からこっちのせいにするなと言われている。
これにより言いたくても正当な理由がなくなった。

そんな中「これ以上言わないこと、すなわち黙っていること」を私の中で正当化する
一つの理由が見つかった。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GW後半唯一の休日に4分間だ... | トップ | 今日と明日の仕事を入れ替えた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL