ブルーモーメント                                               

チラシの裏にでも書いていればいい日常と考えていることを書いているブログです。

多摩美術大学の田淵諭教授が責任者を務めるエリアで5歳児が焼死

2016-11-07 01:07:10 | ニュース

佐野研二郎を輩出した多摩美術大学の田淵諭教授が責任者を務めるエリアで
展示物が燃える火事が起こり5歳男児死亡しました。

まったく佐野研二郎の葬式ごっこをやってる場合じゃないですね。

NHK NEWS 11月7日 0時19分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161106/k10010757741000.html

画像
http://i.imgur.com/yaf2zJH.jpg
http://i.imgur.com/zTFzZOd.jpg
http://i.imgur.com/Vgb0sOS.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CwkKZBSUsAQ4pfz.jpg
【閲覧注意】黒焦げ死体あり
http://i.imgur.com/QuOidor.gif
https://www.youtube.com/watch?v=ydTUzBsl1mY&feature=youtu.be&bpctr=1478494892

>明治神宮外苑では現代アートの作品を展示するイベントが開かれていて、
焼けたのは、日本工業大学工学部建築学科の学生が中心となって作る「新建築デザイン研究会」という部活動が出展したもので、ジャングルジムのような形の木製の展示物です。

>今回イベントを主催した東京・港区にあるTOKYO DESIGN WEEKの川崎健二社長が6日午後9時すぎ、会場で報道陣の取材に応じました。

> 川崎社長はまず、「貴い5歳のお子様が亡くなられ、ざんきに堪えず、重く受け止めています。申し訳ございませんでした」と謝罪しました。

>火災が起きた作品を出展した学生が所属する日本工業大学は、6日夜、埼玉県宮代町のキャンパスで取材に応じました。
この中で、藤田則夫常務理事は「まずもって謝らなければなりません。大変申し訳ありませんでした」と謝罪しました。


一方佐野研二郎を輩出した多摩美術大学の田淵諭教授は

>川崎社長とともに取材に応じ、
「展示は消防法にも照らして問題ないように準備してきた。照明など電気を使う場合は電圧に制限も設けていた。
火災が想定されないかは開催前から十分確認していた」と述べました。


自分は十分確認していた、すなわち落ち度はなかったというだけで
ソースで見る限り謝罪はなかったようです。

やはり佐野研二郎を輩出した多摩美術大学は一味違うタケヤ味噌ですね。

Ps.他のソースで確認したら一応謝罪はしているようです。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暗い5時になったもんだ | トップ | 教師がゆとり世代…理科の実験... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL