歌舞伎学会事務局

歌舞伎学会の活動を広報します.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「演劇の証言 山田洋次氏に聞く」(2016年7月16日)

2017-07-12 13:48:30 | 企画報告
本年の夏期企画を今週末7月16日(日)に控えておりますが、それを直前にして、昨年、同じ日付にて開催しました夏期企画のレポートをアップいたします。

昨年の夏期企画は、50周年を迎えた国立劇場の伝統芸能情報館レクチャー室にて、映画監督の山田洋次氏に歌舞伎との関わりについてお話をうかがいました。



司会の犬丸治氏のご挨拶のあと、まずは、山田監督が撮られた作品の中から、歌舞伎俳優の出演シーンをご自身の編集・解説にてたっぷり見せていただきました。



「男はつらいよ」の嵐寛寿郎、十三代目仁左衛門から、「ダウンタウン・ヒーローズ」の橋之助・芝翫親子、「学校Ⅱ」の富十郎、「たそがれ清兵衛」の梅雀、「母べえ」の梅之助、「武士の一分」の三津五郎、そして、シネマ歌舞伎の勘三郎まで…。



様々な出演シーンを楽しんだ後に、聞き手の上村以和於氏も加わって対談形式でお話をうかがいました。



最初は、やはりシネマ歌舞伎を撮影する際のさまざまな工夫についてお聞きしました。カメラの配置、撮り方だけでなく、作品の見せ方において、台本から演出まで、監督と勘三郎さんを中心に、現場では様々なディスカッションがあったことを知るのは大変興味深いものでした。

その後、山田監督の作品に出演のあった歌舞伎俳優の方との様々なエピソードについて語られました。特に「武士の一分」での十代目坂東三津五郎さんの配役は、若妻を犯す敵役なのですが、そういう役にこそ魅力的な色気が欲しいという気持ちで監督自らオファーされたところ、随分悩んでご出演を決められたというお話が印象的でした。

また、橋之助さん(現八代目芝翫)主演の「ダウンタウン・ヒーローズ」のラストシーンに、滅多に映画に出演しない七代目芝翫さんが出演されているのも、監督の思いつきで依頼されたとのこと。貴重な出演であるともに、ワンシーンでもその顔を見せることで物語る歌舞伎俳優の特性を生かした使い方だと感じられます。

上村氏からの歌舞伎俳優を映画に使うことの利点ついての質問に、山田監督は「説明できない色気」であると答えられました。さきほどの話の三津五郎さんはもちろん、「学校Ⅱ」で甲高い声で叱る校長先生を演じた十代目中村富十郎さんにも、とても色気を感じるということ。「それはハッキリとは表現できませんが、子どもの頃から育ってきた世界が作り出すものかもしれない」とおっしゃっていました。



さらに、撮ってみたいと思っている作品や、企画まで立ち上がって実現不可になった案のほか、ご参加の皆様からの質問にもお答えいただき、本当に充実した二時間となりました。

(事務局N)



ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書籍紹介『歌舞伎ー研究と批... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL