歌舞伎学会事務局

歌舞伎学会の活動を広報します.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「演劇の証言 山田洋次氏に聞く」(2016年7月16日)

2017-07-12 13:48:30 | 企画報告
本年の夏期企画を今週末7月16日(日)に控えておりますが、それを直前にして、昨年、同じ日付にて開催しました夏期企画のレポートをアップいたします。

昨年の夏期企画は、50周年を迎えた国立劇場の伝統芸能情報館レクチャー室にて、映画監督の山田洋次氏に歌舞伎との関わりについてお話をうかがいました。



司会の犬丸治氏のご挨拶のあと、まずは、山田監督が撮られた作品の中から、歌舞伎俳優の出演シーンをご自身の編集・解説にてたっぷり見せていただきました。



「男はつらいよ」の嵐寛寿郎、十三代目仁左衛門から、「ダウンタウン・ヒーローズ」の橋之助・芝翫親子、「学校Ⅱ」の富十郎、「たそがれ清兵衛」の梅雀、「母べえ」の梅之助、「武士の一分」の三津五郎、そして、シネマ歌舞伎の勘三郎まで…。



様々な出演シーンを楽しんだ後に、聞き手の上村以和於氏も加わって対談形式でお話をうかがいました。



最初は、やはりシネマ歌舞伎を撮影する際のさまざまな工夫についてお聞きしました。カメラの配置、撮り方だけでなく、作品の見せ方において、台本から演出まで、監督と勘三郎さんを中心に、現場では様々なディスカッションがあったことを知るのは大変興味深いものでした。

その後、山田監督の作品に出演のあった歌舞伎俳優の方との様々なエピソードについて語られました。特に「武士の一分」での十代目坂東三津五郎さんの配役は、若妻を犯す敵役なのですが、そういう役にこそ魅力的な色気が欲しいという気持ちで監督自らオファーされたところ、随分悩んでご出演を決められたというお話が印象的でした。

また、橋之助さん(現八代目芝翫)主演の「ダウンタウン・ヒーローズ」のラストシーンに、滅多に映画に出演しない七代目芝翫さんが出演されているのも、監督の思いつきで依頼されたとのこと。貴重な出演であるともに、ワンシーンでもその顔を見せることで物語る歌舞伎俳優の特性を生かした使い方だと感じられます。

上村氏からの歌舞伎俳優を映画に使うことの利点ついての質問に、山田監督は「説明できない色気」であると答えられました。さきほどの話の三津五郎さんはもちろん、「学校Ⅱ」で甲高い声で叱る校長先生を演じた十代目中村富十郎さんにも、とても色気を感じるということ。「それはハッキリとは表現できませんが、子どもの頃から育ってきた世界が作り出すものかもしれない」とおっしゃっていました。



さらに、撮ってみたいと思っている作品や、企画まで立ち上がって実現不可になった案のほか、ご参加の皆様からの質問にもお答えいただき、本当に充実した二時間となりました。

(事務局N)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書籍紹介『歌舞伎ー研究と批評ー』56・57・58号

2017-06-20 16:21:52 | 書籍紹介
『歌舞伎ー研究と批評ー』最新58号は、本年4月30日に刊行されました。
特集は「歌舞伎の座元」。現代ではなかなか理解し難い「座元」という存在に、多方面からアプローチしています。
研究は、桂木嶺氏による吉右衛門論、季評は、平成28年上半期です。




 昨年年9月発行の57号は、五〇周年を迎えた国立劇場を特集しています。
研究は、淡路座の『仮名手本忠臣蔵』、季評は平成27年下半期です。また、鍛冶明彦氏による「曽我廼家喜劇上演記録年表」の連載が完結いたしました。




 56号は、昨年3月に刊行されました。
特集は「曽我物」について成立の詳細から近代まで。文楽の将来を考える座談会も採録されています。研究は、川口松太郎「明治一代女」論、季評は平成27年上半期です。




15号以降の学会誌は、雄山閣HPより直接ご購入いただけます。

それ以前の学会誌の在庫状況につきましてはご歌舞伎学会事務局〈kabukiga2014@yahoo.co.jp〉にお問い合わせ下さい。

イベント会場でも在庫分の購入受付を行っておりますので、お気軽におたずねください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年歌舞伎学会夏期企画「演劇の証言 山川静夫氏に聞く」

2017-06-07 09:25:05 | お知らせ
2017年の夏期企画は7月16日(日)14時より国立能楽堂大会議室で開催します。

あの山川静夫氏をお呼びして、貴重なお話を聞かせていただきます。

詳細は↓↓↓



事前申し込み不要。
会員、非会員ともに、当日、受付にて資料代をお支払いの上ご入場いただきます。
受付は開始時間の30分前を予定しております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度歌舞伎学会秋季大会のお知らせ

2016-11-29 09:13:40 | お知らせ
2016年度の歌舞伎学会秋季大会を、二松學舍大学九段キャンパスにておこないます。
 
参加費:会員 (1,000円)
    非会員(1.500円)

【第1日目】12月10日(土)
 二松學舍大学九段キャンパス1号館地下2階 中洲記念講堂


 受付開始(12:30~) 大会開始(13:00~) 
◆開会 会長挨拶(13:00~) 

◆大会企画「国立劇場の50年」 (13:10~)
 今大会一日目には、開催校である二松學舍大学の近隣であり、今年50周年を迎えた国立劇場をめぐる講演とシンポジウムを開催いたします。石橋健一郎氏による講演「国立劇場の調査研究、及び資料の収集・公開事業について」は、国立劇場において実際に長年にわたり調査研究・資料収集の部門に携わってこられた“内側”の観点からお話しいただきます。
 シンポジウム「国立劇場公演の50年」は国立劇場の支柱たる公演に関して、開場から今日まで評論―“外側”の視点から言及されてきた諸氏を中心に、国立劇場の50年をふりかえり考察します。どうぞ御期待ください。

◆講演「国立劇場の調査研究、及び資料の収集・公開事業について」(13:10~14:00)

 石橋 健一郎 (国立劇場調査養成部 主席芸能調査役)

◆シンポジウム「国立劇場公演の50年」(14:15~16:15)

 犬丸 治 大笹 吉雄 神山 彰 児玉 竜一(五十音順)

◆第40回総会(16:30~17:15)
◆懇親会(18:00~20:00)於 九段キャンパス1号館13階 展望レストラン


【第2日目】12月11日(日)
 二松學舍大学九段キャンパス3号館2階 3021教室(休憩室:同3階3031教室)

 受付開始(10:30~) 大会開始(11:00~)

◆研究発表(11:00~) 

1.『三千世界商往来』論 ―並木正三の人物造形を中心に―
  陳 夢陽(早稲田大学大学院)


2.『伊賀越道中双六』「誉田家城中の場(奉書試合)」の演出の変遷考
  金生谷達也(明治大学大学院)


3.近松没後の義太夫節文字譜索引の作成について
  田草川みずき(日本女子大学 学術研究員)

4.享保期歌舞伎典拠考 ―二代目市川団十郎の日記を元に―
  ビュールク・トーヴェ(埼玉大学)

5.明治期における吉原遊廓と歌舞伎 ―「盛糸好比翼新形」を中心に―
  後藤隆基(立教大学)

◆閉会 会長挨拶(~16:00)

一日目(1号館地下)、二日目(3号館2F)と会場が異なりますので、ご注意ください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月7日(月)電話問い合わせ休止のお知らせ

2016-11-03 23:23:42 | お知らせ
現在、歌舞伎学会では、12月10日(土)、11日(日)に、二松學舍大学九段キャンパスにて行われる秋季大会の詳細を載せた会報の発送準備をしております。来週中には、会員の皆様に発送される見込みですので、しばらくお待ちください。

当学会は、毎週月曜日13時~17時に早稲田大学演劇博物館にて業務を行い、電話問い合わせの対応をしておりますが、来週11月7日(月)は、担当者の都合により、電話での問い合わせを受けられなくなりました。

皆様には、ご不便をおかけしますが、お問い合わせの際は、Eメールをご使用ください。


kabukiga2014@yahoo.co.jp


11月14日(月)以降は、電話での問い合わせにも対応もできるようにいたしますが、時間短縮の場合もありますので、どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。


歌舞伎学会事務局(メール担当N)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「演劇の証言・竹本駒之助師に聞く」(2015年7月18日)

2016-07-14 15:44:59 | 企画報告
2016年の夏期企画が今週末に控えておりますが、本日は、前年2015年に開催されました夏期企画をレポートいたします。

昨年の夏期企画は「演劇の証言・竹本駒之助師に聞く」と題しまして、国立能楽堂大会議室に女流義太夫の人間国宝・駒之助師匠をお迎えしました。


開演を待つ会場には歌舞伎学会会員の皆様の他、義太夫ファン、女義ファンの方々、そして一際目を引くお弟子さん達のお姿。
資料とともに配られた沢山のチラシが、駒之助さんが牽引されてきた女流義太夫の隆盛を物語っています。



駒之助さんの登壇を前にして、まずはVTRで『一谷嫩軍記・林住家の段』をじっくりと聞かせてもらいました。聞く者の腹にも染みわたるようなずっしりと響く語りに圧倒されます。
その後に登場された駒之助さんは、軽やかな夏のお着物に、お多福をあしらった帯を締められた洒脱な装いで、聞き手の濱口久仁子さんのインタビューに答えながら、幼少期の思い出から語り出されました。



昭和十年九月、浄瑠璃が盛んな淡路島に生まれた女の子が、自然に息をするかのように義太夫節と出会い、その才能を見いだされて十五歳で大阪に出て、女流義太夫の竹本春駒師匠の内弟子となり、義太夫の道を究めて行く様が、まるで一篇の映画を見るように目に浮かんできます。
その師匠は女義にとどまらず、十代目豊竹若太夫、四代目竹本越路太夫にも入門され、小松太夫や土佐太夫、岡太夫といった個性的な師匠達とのエピソードを聞いていると、時間が経つのを忘れるほどでした。

最後に質問に立たれた内山美樹子先生が、駒之助さんの語りで忠臣蔵の「お軽」が鮮やか浮かび上がった思い出を話され、駒之助さんの「芸の華」を堪能する二時間の締めくくりとなりました。



ちょっとした手振りでも目をひきます。

最後にお多福の帯を見せて下さいました。

〈事務局N〉
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年度歌舞伎学会夏期企画のお知らせ

2016-07-07 11:38:03 | お知らせ
本年の夏期企画「演劇の証言」では、映画監督の山田洋次氏をお迎えし、監督が昔から親しまれてきた歌舞伎・落語のお話や、メガホンを取られた「シネマ歌舞伎」のお話などを伺います。

例年は、国立能楽堂大会議室を使用させていただいていますが、本年は開場五十周年の国立劇場・伝統芸能情報館レクチャー室にて行います。

会員の皆様をはじめ、非会員、学生の方、多数の参加をお待ちしております。



事前予約は行っておりませんので、直接受付に起こしださい。受付開始時間は14時半を予定しております。

なお、レクチャー室の定員を超えますと、入場をお断りする場合がありますこと、あらかじめご了承ください。

問い合わせ先
【e-mail】kabukiga2014@yahoo.co.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書籍紹介『歌舞伎―研究と批評―』53・54・55号

2016-04-11 13:34:45 | 書籍紹介
このところ刊行の遅延が続いておりました学会誌『歌舞伎―研究と批評―』ですが、2015年には3月に53号、7月に54号、12月に55号と、三冊を刊行することができました。
この三冊の刊行により、特集「歌舞伎の戦後七十年」が(上)(中)(下)として完結いたしました。
歌舞伎学会精鋭の論者を得て、第二次世界大戦後から現代に至る歌舞伎の流れを振り返り、歌舞伎の過去を未来の「歌舞伎」へと繋ぐ、貴重な三冊となっています。








15号以降の学会誌は、雄山閣HPより直接ご購入いただけます。

それ以前の学会誌の在庫状況につきましてはご歌舞伎学会事務局〈kabukiga2014@yahoo.co.jp〉にお問い合わせ下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事務局より新年度のお知らせ

2016-02-21 16:47:16 | お知らせ
新年のご挨拶も申し上げないまま二月も終わりに近づきまして申し訳ありません。
歌舞伎学会は一月より新年度を迎え、続投の神山彰会長のもと、新体制の委員で運営して参ります。

昨年末に共立女子大学及び学士会館にて開催いたしました秋季大会は、二日間ののべ人数、約150名という多数のご参加をいただき、盛会にて幕を閉じることができました。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


本年も、春に『歌舞伎―研究と批評―』56号の刊行、夏に「演劇史の証言」シリーズの講演会と、準備をすすめておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年度 歌舞伎学会秋季大会開催のお知らせ

2015-11-21 13:16:25 | お知らせ
2015年度歌舞伎学会秋季大会を、共立女子大学において開催します。

一日目は午後から研究発表及び総会、二日目は学士会館に会場を移し
午前中に研究発表、午後に「劇界の新陳代謝」と題したシンポジウムを
行います。

会員の皆様だけでなく、非会員の方も当日受付でご参加できますので、
ご興味のある方は是非足をお運びください。


§秋季大会プログラム
 
【第1日目】12月12日(土)共立女子大学1208教室(一ツ橋キャンパス本館12階)
受付開始(12:30~) 


 ◇開会 会長挨拶(13:00~)
 ◇研究発表 (13:10~)

 1.「大正・昭和期における義太夫節『博多小女郎波枕』の上演をめぐって」
    早稲田大学演劇博物館 小島智章

 2.「『当秋八幡祭』初演から合巻までの問題点」
    フェリス女学院大学 中村恵

 3.「芝居小屋の構造的変遷と演劇に及ぼした影響三
    ―近世芝居小屋構造の完成(瓦葺きから再びこけら葺きへ)―」
    公益財団法人 文化財建造物保存技術協会 賀古唯義

 ◇第39回総会(16:00~)
 ◇懇親会(17:30~) 於 学士会館203号室


【第2日目】12月13日(日)学士会館203号室
受付開始(9:30~)


 ◇研究発表(10:00~)

 1.「坪内士行と宝塚男子選科」
    早稲田大学演劇博物館 水田佳穂

 2.「福地桜痴試論―『侠客春雨傘』をめぐって―」
    日本学術振興会特別研究員 村島彩加

 3.「一九二六年十月三十一日撮影映像より
    ―七代目松本幸四郎とデニショーン舞踊団―」
    早稲田大学 児玉竜一

 ◇大会企画「劇界の新陳代謝」(13:30~)
 今大会二日目には「役者の世代交替」を巡る講演とシンポジウムを開催いたします。
 いま、歌舞伎界は何十年かに一度の世代交替の時期を迎えつつあります。
 演劇界における世代の交替は、演者、作者、観客を含む、多様な層にわたって起こ
 る出来事です。それは、感覚の変容、作風の変化などとも関わる時代の裂け目とも
 なります。歌舞伎の歴史をさかのぼるとき、かつての世代交替にともなう新陳代謝
 はどのようなものであったのか、なにが新しくなったのか、隣接ジャンルにも関心
 を寄せつつ、世代と時代を捉える枠組みについて考えたいと思います。


 第一部: 講演「役者の世代交替」            
       近藤瑞男(共立女子大学)

 第二部: シンポジウム 「劇界の新陳代謝―元禄から今日まで―」
    近藤瑞男(共立女子大学) 鈴木国男(共立女子大学)
    神山彰(明治大学) 光延真哉(東京女子大学)
    〈司会〉児玉竜一(早稲田大学)

参加費(全日参加、一日参加とも同額)
会員  1,000円
非会員 1,500円


問合せ
kabukiga2014@yahoo.co.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加