株ドカンすっきり

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

価値が下がる

2017-07-01 10:28:11 | 日記
きちんと知っておきたい用語。ロイズの内容⇒ロンドンのシティ(金融街)にある世界有数の保険市場ですが、イギリスの議会による制定法の定めにより法人とされた、ブローカーとそのシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合を指す場合もあります。
よく聞くコトバ、ペイオフ⇒唐突な金融機関の経営破綻による倒産をしたことによって、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護できる個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)に、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事なのです。
BANK(バンク)はあまり知られていないけれどイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉に由来である。ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行⇒西暦1400年頃に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァで設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行である。
将来を見据えわが国内で活動中の銀行等は、強い関心を持って国際的な金融市場や取引に関する規制等の強化も視野に入れながら、経営の一段の強化や企業同士の合併・統合等を含めた組織再編成などまでも積極的に取り組んできています。
覚えておこう、保険とは、突如発生する事故のせいで発生した主に金銭的な損失の対応のために、同じような複数の者がそれぞれの保険料を出し合い、集めた積立金によって予測できない事故が発生した者に保険料に応じた保険金を給付する制度ということ。
要は「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」以上、3機能をセットで銀行の3大機能と言い、これらは「預金」「融資(貸付)」「為替」の基本業務それにその銀行自身の信用によってはじめて実現できているものであると考えられる。
今はタンス預金なのか?物価上昇中は、インフレ分現金は価値が下がることを知っておこう。いますぐ生活に必要なとしていないお金は、ぜひとも安全なうえ金利が付く商品にした方がよいだろう。
保険とは、突如発生する事故のせいで発生した主に金銭的な損失を想定して、よく似た状態の多数の者が定められた保険料を掛け金として納め、積み立てた資金によって突如発生する事故が発生した際に定められた保険給付を行う制度ということ。
小惑星探査機「はやぶさ」が地球に無事帰還し話題となった平成22年9月10日、日本振興銀行が前触れもなく破綻したのです。こうした事態に、初めてのペイオフが発動することになった。これにより3%(全預金者に対する割合)程度とはいえ数千人の預金が、上限額の適用対象になったと推計されている。
ですから安定的ということに加え活発なこれまでにない金融に関するシステムの構築を実現させるためには、民間の金融機関とともに行政が双方の問題を積極的に解決しなければ。
保険業法(改正平成7年)の規定により、保険の取り扱いを行う会社は生保を扱う生命保険会社または損保を扱う損害保険会社に分かれることになり、2つとも内閣総理大臣から免許を受けている会社以外は販売できないと規制されている。
【用語】ロイズと言えばイギリスにある世界的に知られた保険市場を指す。イギリスの制定法による法人とされた、ブローカー(保険契約仲介業者)やシンジケートを会員としている保険組合を指す場合もある。
きちんと知っておきたい用語。スウィーブサービスとは何か?普通預金と証券用の取引口座の間で、株式等の購入資金、売却益などが自動的に双方に振替えられる便利なサービス。同一金融グループによる優良顧客を囲い込むための戦略なのだ。
【用語】スウィーブサービスというのは普通預金口座と同一金融機関・グループ内にある証券取引口座の間で、株式等の購入代金や売却益が自動的に振替される便利なサービスである。同一金融グループによる優良顧客囲い込み戦略です。
タンス預金の弱点⇒物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、物価が上昇した分だけ現金はお金としての価値が下がるので、いますぐ暮らしに必要のないお金は、ぜひとも安全なうえ金利が付く商品に資金を移した方がよいだろう。
株ドカン 実践
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上昇した分 | トップ | 売買してもよい »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。