最新!★銘柄研究会!明日はこの株を買え!

最新の銘柄情報を公開中!初心者が陥りやすい売買タイミングも説明。明日はこの株だ!

■ 株の買い時売り時の正しい判断の仕方!

2010年05月12日 | 買い時売り時の判断


■ 私の株売買方法を公開することに決めました。
  銘柄の探し方・買い時売り時のタイミングなどなど
  出し惜しみなくすべてを公開します。
  詳しくは私のサイトを見てください。
  また、最新の注目銘柄をメルマガで配信中!
  ↓↓↓↓
   http://www10.plala.or.jp/kabu2/

→最新!スイング爆発する銘柄!

■ 株価が上がった時に迷う判断

例えば、1株10万円の株を1株買ったとします

(10万円分購入)。

ここで株価が一気に15万円まで上がったとしま

す(15万-10万=+5万)

あなたならどうしますか??

おそらく、『株を売って利益確定したい』という

気持ちと『もっと上がるかもしれないから売らな

いでおこう』という気持ちが交錯すると思います。

人間は欲張りなので、おそらく後者の方が多いの

ではないでしょうか?

ここでもし複数単元(ここでは2株とします)持っ

ていたら、と考えてみてください。

2株持っていることで、もう1つの選択肢が生まれ

ます!それは、『1株は売って利益確定して、もう

1株は売らないで保有することです。

こうすることにより、確実に利益を得ながら、もう

1株で、まだ上がるかもしれない局面に挑戦できる

わけです!

■ 株価が下がった時に迷う判断 

さきほどと逆になりますが、今度は株価が下がった

ときの判断です。

株価は同じように10万円とします。

1株だけ保有している場合に、9万円になったとします

(-1万円)。

株価に影響を与えるような悪い材料が出たわけでも

ないのに下がっています。

あなたなら損切り(売り)しますか??

この場合、あらかじめ購入時に損切りラインを設定し

て、9万円になったら自動的に売るという手法もよい

と思いますが、もし2株持っていたらどうでしょうか?

悪い材料が出ているわけではないので、反発する可能

性も十分あります。

複数株持っていることにより、『1株は、やむを得ず損

切りして、もう1株は反発を期待して保有しておく。

という選択もできます。

株価が上がるにせよ、下がるにせよ、選択の幅が広がり

ます。

最低単元株だけの保有は、身動きがとりにくいので、でき

るだけ2単元以上保有しておくことが望ましいと思います。

ただ注意していただきたいことは、複数単元といっても、

持っている資金をいきなり全額投資することはいけません! 

株価が下がった場合なんともなりません(ナンピン買いも

できない)し、分散投資ができないので、リスクが非常に

高いです。

→続き!










人気ブログランキングへ

株式投資ランキング






この記事をはてなブックマークに追加