英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ

在米ブログ友の記事:今朝のワシントンポスト(新聞)米イージス艦事故

2017年06月19日 10時41分42秒 | 英字新聞 de 日本再発見

 

 

▼今朝のワシントンポスト(新聞)米艦事故

2017年06月19日(月)
 
 
今朝のワシントンポスト(新聞)には、米海軍横須賀基地に所属する
イージス駆逐艦フィッツジェラルドの乗組員7人が行方不明となった衝突事故で、
数人のご遺体が艦内から発見されたことが記事になっていました。
7人もの方がお亡くなりになってしまって、
助かって欲しかったです。残念です。
 
日本の自衛隊員の方々、救助などしっかり仕事をしておられましたね。
感謝の気持ちで一杯です。
 
新聞での題
Number of missing sailors found dead
(複数の行方不明の水兵は、死体で発見されます)
 
サブタイトル
Destroyer collided with merchant ship off Japan
 
イメージ 1
 

 

新聞で使われているカラー写真の説明書き
Aninjured USS Fitzgerald personnel member is carried 
by U.S. and Japanese military personnel after the collision of a Navy destroyer and a container ship off the coast of Japan early Saturday.
(負傷したUSSフィッツジェラルド乗組員は、土曜日早くに
日本沖での海軍駆逐艦とコンテナ船の衝突の後、
アメリカと日本の軍人によって運ばれます)

イメージ 2
 

 

電子版で同じ内容の記事を読めます
電子版での題
 
Missing U.S. sailors found dead after collision with merchant ship off coast of Japan
(日本の海岸沖での商船との衝突の後、行方不明の米国の水兵は、死体で発見されます)
 
 
簡単に記事を訳すとこんな感じかなと思います。
 
 駆逐艦とコンテナ船の衝突の後、7人の行方不明の米海軍水兵が、
何人か死体で発見されたと、米第7艦隊の司令官は日曜日に言いました。

水兵はUSSフィッツジェラルドの寝室部屋で見つかりました。そして、それは土曜日の早朝に衝突し後浸水しました。
コンテナ船はイージス-クラス誘導ミサイル駆逐艦の斜めのから打撃を与えたように見えます。そして、水兵が眠っていた寝室部屋にひどく損害を与えました。

第7のフリート艦のスポークスマンは、全7人の行方不明の水夫の身体が見つかったか、一部であったかどうか、すぐに確認していない。

フィッツジェラルドが土曜日の夜に横須賀のその母港に戻ったあと、捜索・救出クルーは船に入ることができて、彼らは見つかりました。

水兵の体は、横須賀基地の、海軍病院へ運ばれました。彼らの家族に
通知されるまで、彼らの名前は公表されないと、
第7のフリート艦隊は声明で述べました。
 
一般人で軍の調査者は、2隻の船の間の夜間衝突はどうか理解しょうとしました
 — 先進のナビゲーション・システムによる両方とも — 起こることができました。

「これは、難しい日でした」と、海上の緊急努力の後、そして、死亡が発表される前に、ひどく損害を受けたフィッツジェラルドが横須賀海軍基地のその母港へと向かわせた等、ジョセフP.オークイン中将(第7のフリート艦隊の指揮官)は言いました。

2隻の引きボートで導かれ、それが到着したとき、行方不明者の家族は
オークインと埠頭で待っていました。第7のフリート艦隊は家族のために情報センターを設置し、現場に従軍牧師とカウンセラーを持っていました。

フィッツジェラルドは、土曜日の午前2時30分(現地時間)、
東京の忙しい大洋航路南のフィリピン国籍の(そのサイズのほぼ4倍)
コンンテナ船と衝突しました。
天気は、その時、クリアで、およそ6フィートのうねりでした。

駆逐艦の指揮官(司令官)を含むフィッツジェラルドのクルーの3人、
ブライス・ベンソン、損害を受けた船から避難して、
横須賀、米海軍7艦隊のホームの海軍病院で手当てを受けています。
ベンソンは安定した状態にあることが報告されました。 
 
フィッツジェラルドは航空母艦USSロナルド・レーガンを含む横須賀に拠点を置くグループの一員である。しかし、衝突が起こったとき、それはキャリヤーと独立して動いていたと、司令官は言いました。ロン・フランドル、U.S. Naval Forces Japanのための公共問題 役員

そのクルーが最大限の力でいるとき、フィッツジェラルドには通常乗員の250人以上の人員がいて、30ノットを上回る速度に達することができます。
 
商船(ACXクリスタル)のオペレーターは、20-メンバー・フィリピンのクルー全員が安全であると報告しました。
 
 website that tracks maritime trafficによれば、クリスタル(それは貨物を完全に積んでいました)は東京に行くところでした。
それは日本郵船(日本の船会社)によって運営されて、
衝突の時に名古屋港から帰る途中にありました。

「我々は船のオーナーと協力していて、沿岸警備隊によって完全に調査と協力しています」と、日本郵船は声明で述べていました。
船に乗った全20人のフィリピンの乗員は無事である。
そして、事故に対処することは任務だと、共同通信社によると、同社は言いました。
.
写真は フィッツジェラルドが大きな損害を右または右舷(側)で船の中央部にあるように見える間、軽い損害のコンテナ船を示しました。

それが港に牽引されたので、水がポンプで揚げられて、駆逐艦はわずかに傾いていました。 

ダイバーは喫水線の下でそれを調べるために待っていました。そこにも重要な損害がありました。
衝突によって、寝室スペース、機械スペースとラジオ室で浸水が起きたと、
第7のフリート艦隊は言いました。
 
“Thoughts and prayers with the sailors of USS Fitzgerald and their families,”  President Trump wrote in a Twitter message Saturday.
 “Thank you to our Japanese allies for their assistance.”
「USSフィッツジェラルドの水兵と彼らの家族と共に思いと祈り」と、トランプ大統領は土曜日にメッセージをツイッターにおいて書きました。
「彼らの援助のために我々の同盟国日本ありがとう。」
 
新聞の記事の訳終了〜〜〜〜〜〜
 
 
新聞の記事より電子版の記事の方が長いです。
下記の記事が電子版の記事には付け足してあります。
 
The USS Dewey, another Navy destroyer, was helping with the search and rescue operations, along with three Japanese naval ships and two Japanese coast guard vessels.
An American P-8 Poseidon aircraft was joined overhead by Japanese helicopters and an Orion aircraft.
There are extensive international guidelines for accident avoidance at sea known as the International Regulations for Preventing Collisions at Sea, or Colregs.
The rules require that ships must have a watch posted at all times and follow a number of collision-avoidance steps when crossing paths with or overtaking other vessels.
 
簡単に訳すとこんな感じと思います

3隻の日本の海軍船と2隻の日本の沿岸警備隊船に加えて、USSデューイ(もう一つの海軍駆逐艦)は、捜索・救出活動を手伝っていました。 
アメリカのP-8ポセイドン航空機は、頭上で日本のヘリコプターとオリオン航空機に加わりました。
 
事故回避のための広い国際的なガイドラインが、海上で衝突を防止するためのインターナショナル規則として知られてあります。 (Preventing Collisions at Sea, or Colregs)

規則は、他の船を不意に出会うか、それを追い越すとき、船が見張りをいつでも配置させなければならなくて、いくつかの衝突回避ステップに従わなければならないことを義務づけます。
 
 
 
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「フィリピン戒厳令」日本の... | トップ | またまた、波瑠さんからの「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。