英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ

「共謀罪」法案への国連報告者書簡は不適切、強く抗議=菅官房長官

2017年05月26日 08時59分42秒 | Weblog

 

国連は「主体」ではなく「舞台」です:国連人権委員会の正体 国連は日本を非難しないと出世しない組織 (追補あり)

http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/281ecc781b65365010ebbc819dc71016


>外務省はこの国連報告者の解任を要求せよ!
>この報告者の解任まで国連分担金凍結せよ!

 

共謀罪」法案への国連報告者書簡は不適切、強く抗議=菅官房長官

 
ロイター2017年05月22日12時48分
[東京 22日 ロイター] - 菅義偉官房長官は22日午前の会見で、人権状況などを調査・監視する国連特別報告者が「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案はプライバシーや表現の自由を制約するおそれがあるとの書簡を安倍晋三首相に送ったことについて、「不適切なものであり、強く抗議を行っている」と述べた。

菅官房長官は「特別報告者という立場は独立した個人の資格で人権状況の調査報告を行う立場であり、国連の立場を反映するものではない」と強調。「プライバシーの権利や表現の自由などを不当に制約する恣意的運用がなされるということはまったく当たらない」との見方を示した。

報道によると、国連特別報告者で「プライバシー権」を担当するジョセフ・カナタチ氏は18日付の書簡で同法案について「プライバシーや表現の自由を制約するおそれがある」と指摘。「法案の成立を急いでいるため、十分に公の議論がされておらず、人権に有害な影響を及ぼす危険性がある」としている。

菅官房長官はこの書簡に対し「政府や外務省が直接説明する機会はない。公開書簡で一方的に発出した。法案は187の国と地域が締結する条約の締結に必要な国内法整備だ」と反論した。

 

ジャンル:
くやしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 所謂「共謀罪」についての雑感  | トップ | 所謂「加計問題」何が問題な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。