英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ

ソチオリンピック☆私は当然、キムヨナ姫を応援する

2014年02月15日 13時03分05秒 | 徒然日記



ソチオリンピック、弊ブログはキムヨナ姫を応援します。そんな、記事タイトルを見て初めて来訪された方にはもうしわけないですが--弊ブログをよくご存じの向きは「またか」と相手にもしないでしょうから--、なぜ、キムヨナ姫を日本の一応保守系ブロガーが応援するのかの理由は、もう、4年前から書き尽くした感があり割愛させていただきます。その理由は、下記拙稿およびそこにURLを記している拙稿をご一読いただければと思います。


・バンクーバーオリンピック☆私はキムヨナ選手を応援する
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/87690cff95123549f6a7bc7e7c9888d3

・キムヨナ姫、氷上に再降臨--飛んだり跳ねたりしかできない浅田選手は邪魔だ、本当に--
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/40c5eb006d6ef8effe4f9faa0b190444

・キムヨナ姫のオリンピック連覇とその直後の引退は確実
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/5a625600dc7fe60a5deff65ed677d7a4





要は、本エントリーは、試合前に、
旗幟を改めて鮮明にするだけのもの。


だって、
勝ったから、


б(≧◇≦)ノ ・・・どーだー!



だって、
負ければ、


б(≧◇≦)ノ ・・・<沈黙>



というのでは、海馬之玄関の沽券にかかわるというもの。

と、でも、ここで、「あれー、「負ければ」って、キムチが負けるかもしれないと思っているんですか」とか思う読者もおられる、鴨。はい、一般論としての「勝負は時の運」というのとは別に、この数か月の状況の変化を鑑みるに、キムヨナ姫が負ける可能性は低くないと思います。


怪我、コンディション、あの国ならではのプレッシャー、引退後の進路設計の不調・・・。
なにより、もともと、バンクーバーで金メダルを取って以降、本質的に、キムヨナ姫には、
現役を続けるモティベーションがないといえばないのだもね。


だけど、今回も、韓国ロビーが
秘術を尽くし全力を傾けた結果の、所謂、


б(≧◇≦)ノ ・・・銀河点、炸裂!


も間違いないでしょう。それに文句を言うのなら--オリンピックもサッカーワールドカップも、<戦争>なのだから、要は、戦時国際法を踏まえる限りなんでもありの世界なのだから--、バンクーバーで銀河点が炸裂してからでも4年間、この4年間、日本のスケート連盟は何してたのという話でしょう。土台、オリンピックに公正さを期待する感覚自体が保守主義とは異質な、左翼・リベラルの観念的教条主義に近いのではありますまいか。ありますまいか、です。

そして、コンペティターも脆弱。なにより、あの「ハトが豆鉄砲をくらったような間抜け顔」の、世界でどころか、日本でもその在籍大学を愛知県民と岐阜県民と、おまけして、三重県民くらいしか知らないあの浅田真央選手に負けることはないでしょう。浅田選手が4回転を4回飛んでも、キムヨナ姫のスコアには届かない。きっぱり。それなのに、いまだにリスクを抱えるトリプルAにこだわる心性。馬鹿かというか、税金ドロボーの域に彼女と彼女のスタッフ陣は入っているんじゃないの、鴨です。


だから、順当に行けば、ヨナ姫は、普段、デパートでお買いものをするように、
普通に金メダルをお買い上げしてお持ち帰りされるはず。
と、そう予想はしています。だから、

だから、姫が負けるとすれば新鋭の誰かでしょうかね。


ならば、個人的には、英米法でいう「private act」、--すなわち、ある特定の個人や会社、もしくは、地域のみを対象にした国法--を姫のために国際スケート連盟で作り、「ヨナ姫がリンクを3周した時点で「金メダル」、あとの順位はこれまでのスコア方式で行う」とすれば、最も合理的なの、鴨。と、思わないではないです。正直、筋金入りのキムヨナ姫ファンとしてはそれでも全然問題ない。オリンピックの権威なんぞ、ヨナ姫の<美>の価値の前では、皇室の権威の前の脱原発デモのようなものでしょうから。



でも、負けるかもしれない。
だからこその「応援」です。

保守主義者は激しく希望は抱いても
願望はあまり持たない者でしょうから。





蓋し、現代の保守主義とは、(1)自己の行動指針としては自己責任の原則に価値を置く、そして、(2)社会統合のイデオロギーとしてはあらゆる教条に疑いの眼差しを向ける、よって、(3)社会統合の機能を果たすルールとしては、さしあたり、その社会に自生的に蓄積された伝統と慣習に専ら期待する、換言すれば、その社会の伝統と慣習、文化と歴史に価値を置く態度と心性を好ましいと考える。而して、(4)その社会の伝統と慣習、歴史と文化をリスペクトする<外国人たる市民>に対しては、逆に、彼等の社会の伝統と慣習、歴史と文化を<国民>もリスペクトすべきだと考えるタイプの社会思想である。と、そう私は考えています。


敷衍するべく、ロールモデルで言えば、
日本の典型的な保守主義者とは、


・地方出身もしくは在住の
・カトリック教徒かルター派、天理教か阿含宗の信者で
・英語はTOEIC860点程度は二日酔いでもとれるぞという
・自営業か農業を営む、あるいは、翻訳か
ITプラットフォームデザインにかかわる
・尊皇の志堅固な
・自民党員か維新の党員


というところでしょうか。あのー、あくまでも、これ<理念型>ですから、東京在住の方でも、TOEICが855点しかとったことなくても、大阪市役所の職員でも、維新の会のメンバーでも、別に、保守主義者であることは十分可能だと思いますよ。為念。


而して、ならば、

敬虔なカトリック信者にして、親米派、熱烈な愛国者にして、
韓国ファンに対する最も手厳しい批判者。

三流国とはいえ一国の名門、高麗大学に在籍する
保守主義の同志にして、私がひそかに、オリンピック連覇後は日本に帰化していただき、
皇室に嫁いでいただきたいと考えているヨナ姫。


そう、弊ブログでは、神功皇后と<同一神格>のキムヨナ姫。



保守主義を信奉する者はすべからくヨナ姫を応援するべきである。
と、そう私は思います。国はちがえ<愛国者>同士は話ができると思いますから。
もっとも、「どこまでは譲れない-どこまでは譲れる」という話ですけれどもね。







ジャンル:
オリンピック
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書評:はじめての言語ゲーム  | トップ | 小さな<窓>からも空は見え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。