英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ

在米ブログ友の記事:今朝のワシントンポスト--アルゼンチンも頑張っている、まして、支那はブルドーザー

2017年04月29日 17時32分22秒 | 雑記帳

                 

 

>やっぱ、宣伝は大切
>市場に知られなきゃ、どんな良い<商品>も
>単なる、産業廃棄物予備軍か、
>絶海の無人島に独り住む才色兼備の美女軍団
>にすぎないのでしょうからね

>だって、アルゼンチンだって努力しているのだから
>賭けてもいいですけど「日本」なんてアメリカ人の9割は興味ないから
>きっぱり。なら、ならば、保守派こそ、
>マーケテイングにこれから汗かかなきゃ!
>と、そう私はこのやんみ姉さんの記事読んで思いました

 

<参考動画>
・君はメロディー
 https://www.youtube.com/watch?v=Q2E7TLotcko

尚、この記事top画像は天宇受賣命を神体とする荒立神社および天宇受賣命とゆかりの深い天岩戸神社の

ある宮崎県高千穂町と隣接する大分県出身の<天宇受賣命AUM48見習い5期生>の指原莉乃さん

 

  

   天宇受賣命(見習い)

 

▼今朝のワシントンポストの付録広告は

  アルゼンチンとシナ

2017年04月29日(土)

テーマ:

今朝のワシントンポストにはアルゼンチンの広告(新聞)8ページが入ってきました。 アルゼンチンって何かあるのかな? あったのかな? どうしたんだろう?

アルゼンチンのアピール新聞は初めてかも・・・

毎月シナ新聞は必ず入ってくるけどね。 ロシアはもう入ってこなくなりました。

こうやって他国はアメリカ様にアピールをしっかりしているんだよな〜と思う。

 

そして!! シナ!! 

 

これは、アメリカを乗っ取る気満々だと寒気がする。

アメリカ人またまたまんまとシナに騙されるのだろうか・・・

 

今度は日本の桜のようにワシントンDCにシナの庭園を造るのだそうです。

 

桜はアメリカ人が欲しがったので、日本人がそれにこたえ、一緒に協力しあって

綺麗な桜を育てたのです。 

シナのようにシナのものを押し付けたのでは無い!! 一緒にするな!!

しかし、桜を日本ではなくアジアの祭りとしてと、コリアンと企んでいたけど、

それは諦めて、これかよ!! シナは次から次から魔の手を考え出して行動しているなと感じます。 それにシナに加担しているシナゴリ押しの奴らがいるんだよねw

 

この記事のコメントにもシナの工作員と思われるコメントやらいいね押しやらを

見かけました。 

 

日本庭園はとても深刻なんだそうなw 盆栽だって、人気だし、木や花の名前にも

日本の名前がついたものが多いんだけどね。 だいたい、日本関係ないだろうが!!

コリアもシナもいちいち、日本を意識しすぎ!! 

迷惑ですから!! 絶対に!!こんな汚れた所なんかへ

行かない!! 臓器売買で儲けたのか!? 国際法も無視しやがって侵略も続けて、いたる所で虐殺したり酷いことばかりして儲けた汚いお金でしょう!! 

汚らわしい庭!! 

 

 題

From Beijing to D.C.: 100million in seed money

(北京からDCへ:着手金 1億円)

 

電子版でも同じ内容の記事を読めます

 

電子版での題

China wants a bold presence in Washington — so it’s building a $100 million garden

(中国は、ワシントンに大胆な存在が欲しいです — それは1億円の庭を造っている)

 

 

揚州のGe庭園をナショナル植物園のナショナル中国庭で再現します。 

(国家中国庭園の好意による画像)

 

 

 

https://www.washingtonpost.com/lifestyle/style/china-wants-a-bold-presence-in-washington--so-its-building-a-100-million-garden/2017/04/27/a334ef18-2b61-11e7-be51-b3fc6ff7faee_story.html?utm_term=.47e6418e9021

 

とても大きいごり押し記事で長いので直訳調かつ簡単に記事を訳してみました。こんな感じと思います。

この夏、建設チームは、西側諸国でこれまでに造られる最も野心的な中国の庭を米国ナショナル植物園で12エーカーのフィールドをすっかり変えて始めることになっています。

中国の職人が、約30ヵ月後、彼らの仕事を終える頃には、訪問客は伝統的な中国の景色のすべての要素を含んでいる庭に遭遇することになるかもしれません。

 ナショナル中国庭園がワシントンのランドマークになって、中国-米国の関係のために桜の木のギフトが1世紀以上の間日米の関係構築に果たしてきたことを成し遂げることを疑う余地はないものと思われます。 

 

中国政府は全ての請求を払うことに同意したほどにも、この庭ができることを願っています。

そして、それは1億円に近い金額なのです。

 

「日本人は数千の木を与えて、宣伝を上首尾にしてきています」と、トム・エリアス、前植物園ディレクター、プロジェクトの初期の支持者は言いました。 

「中国人は、ワシントンで、宣伝に使える手段を何も持っていません。」

国立動物園のパンダ・プログラムは「大きいPRです」「しかし、パンダ檻の内外で多くの制約がありそれはそう大きな宣伝効果をはっきしていません。 この中国の庭は、彼らがその文化的な帽子を(アメリカに)掛けることができるところです。」

「私は、それが正しくされて、きちんと資産が贈与されるならば、この庭は素晴らしい遺産になると本当に思っています」と、植物園ディレクター・リチャード・オルセンは言いました。

 

米国政府は、すべての地上の装飾のために広いサイト基盤と中国人に支払うことに同意しました。 しかし、2008年の議会は、ナショナル中国庭園の建設を許可しましたが、連邦資金提供のほとんど見込みを提供しませんでした。 よって、資金を集めるために、非営利的な全国中国庭園財団の創設がなされました。

さらに、それは米国連邦議会議事堂から2マイルたらずのとこにある。ならば、この文化的な宝石(そして、外交的な果実)が欲しいならば、それの支払いをしなければならないだろうと中国は実感したということでしょう。 

 

材料の多くが数年の間中国で集められて、備蓄されたので、全コストは少し不明です。 しかし、多くの場合使われる数字は9000万ドル(サイト作業のための3000万ドルを含む)です。庭の運営、維持と文化的なプログラミングに資産を贈与するために、財団はさらにもう3000万ドルを集めると誓いました。

少し例を挙げれば、中国の庭は、シャクヤク、ユリ、ツバキと多くのバラを含む世紀(東アジアから持ってくるとても人気の植物の導入によって刺激される)の間、欧米人の想像力を捕えました。

初期の例は、中国のデザインの空想的な取得でした。 ナショナル中国庭園は、異なる型(輸入された中国の職人の部隊によって造られる再形成された歴史的な中国の庭)にあります。 中国が1970年代に開放された時から、およそ2ダースは北アメリカで造られたか、計画されました。

元来、中国の庭の大部分の特徴は揚州の歴史的な庭の再現模倣です。そして、揚子江に沿った都市が清朝(1644-1912)の間、裕福な商人によって造られます。

 

庭が桜の花と同じくらい大きくワシントンを引きつけるものになるかどうか。

それはわかりませんが、庭の実現に向けて事態は進んでいます。

ハーディー(中国の庭園歴史家)は、その後援者が勝者にいるかもしれないと考えています。 「中国の庭の若干の非常に成功した施設が、西側にありました」

日本庭園と比較して、中国の庭についての大きなものは中国庭園が

楽しむためにあることです。 

日本庭園は、とても深刻ぶった感じのようなんです。」と

彼女は言いました。

(転載元URL)

 http://ameblo.jp/nonbirisiyou/entry-12269936209.html

 

 

 

『北アメリカ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国に行くなら自己責任でお... | トップ | <改訂版>法とは何か☆機能英... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑記帳」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事