英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ

桐谷美鈴--美しさというのは<暴力>だと思います(追記あり)

2017年05月15日 11時17分16秒 | 雑記帳

 

たまたま移動中に、「Bea's Upビーズアップ6月号」を手に取りました。

20-23頁、弊ブログでは<月読姫命>と同一神格の

(↑海馬之玄関ブログでは「月読命」について女神説をとっています)

桐谷美鈴さんの記事。 

・日本史上のすべての<女帝>の同定を達成できましたぁー! (追補あり)
 http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-12271143083.html

 

唖然としました。 

カントは『美と崇高との感情性に関する観察』(Beobachtungen über das Gefühl des Schönen und Erhabenen (1764))の中で、人間存在を超越する--大自然の雄大さ等々の--<存在>に対する畏怖も<美>の要因であるとかなんとか言っていたと思いますけれど、まさに今日、<桐谷美鈴>を目にしたとき、そんな畏怖に貫かれた<美>を感じました。蓋し、<美>とは核兵器と同様に暴力である、と。溜息。 

いやまさに、 

>美しさというのは<暴力>だと思います

 

・波瑠さんの記事またリブロ
 --こんだけ可愛いんだから当然なのです:昨日はあなそれ第3話でした。
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/bb99308aaa2a954669daa815b87477b6 

・ほしのあきさんの<無罪>確定-あんだけ可愛いんだから当然なのです
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/78478ca7d4aebc00f057beebd43f17a4

 

さすがは、ネットを検索しても、 

 


▼桐谷美鈴--「世界で最も美しい顔100人」にも選出
毎年発表される「世界で最も美しい顔100人」ランキングでは、2012年以降毎年ランクインしており2014年には日本人最高位の8位を記録している。

 

 

とされているだけの<値打ち>はある。

 

とはいっても、畏怖は面倒(笑)。で、個人的には、やっぱ、波瑠さんが好みかな・・・。

やっぱ、ほどほどが日本人にはいいの、鴨ですかね。 

・日本人の究極の美意識としての<ほどほど>が一番可愛い?
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/194b3d7b67adfb75f64f5d429fc6e2e2

 

 

<追記>

ところが、先ほど「MORE6月号」(集英社・2017年4月27日)手にしました。
その、84-87頁、

>「可愛い人の意外な顔.、知らなかった顔=桐谷さんの女子的生活」

まいりました。特に、87頁の<眼鏡の桐谷>にはもう完封負け。
はい、やっぱ、桐谷美鈴さんは<月読姫命>です。波瑠さん、だって、
美鈴さんは、あなたたちが10代のモデル時代から波瑠さんの姉貴分さん
だったんだから、ここは由緒正しい「年功序列」てことで・・・。

<(_ _)> ← ぐうのねもでない。KABU

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (再論)ゲーム理論から考え... | トップ | 高垣麗子さんの”朝ごはん”  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。