人生成り行き、馬まかせ(目指せ回収率90%)

好きな言葉は『大穴』昨年は万馬券160本的中!
競馬にドップリ浸かっている53歳オヤジ゛の“泣き笑い”雑記

日本ハム天晴れ! ビッシュはなぜ!?

2016-10-16 18:43:40 | Weblog

 パ・リーグCS・ファイナルステージ第5戦は日本ハム7-4でソフトバンクを下し、リーグ優勝のアドバンテージ1勝を含めて4勝2敗とし、4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。今日の試合は中田のソロ本塁打、岡大海の同点適時二塁打、そして中島卓也の逆転スクイズなど大技小技を繰り出し、ソフトバンクを下した。僕の予想は見事に外れたが、このステージを観ていて思ったのは、大谷の凄さは勿論、日本ハムの脇役の充実度。野手では西川、中島、近藤、今日はスターティングメンバーに起用された杉谷、代打の岡と打つ手打つ手が見事に嵌った。また投手陣も宮西、谷元、バースと救援陣が頑張った。ソフトバンクの方が正直層が厚いと思っていただけに、僕の認識を見事に覆した。また栗山監督の積極的な采配も見事だった。一方、ソフトバンクは完全な力負け。采配もイマイチだった。ただ今回いちばん思ったのは細川のリードの衰え。やはりリードも年齢的な衰えがあるのだろうか。ペナントレースで49試合では勘が鈍ってしまうのか(昨年59試合)。そう考えると、ソフトバンクは細川に代わる捕手が出てこないと来季も厳しいかも・・・。
 来週からはいよいよ日本シリーズ。面白い戦いになりそう。いずれにしろ大谷中心に回るのだろうが、広島が大谷にジョンソンを素直にぶつけるのか気になる。抑えは両軍とも不安も、大谷はマー君的な使われ方になるだろう。今のところ、捕手石原と大野の差で広島有利と観ている。
 今日の放送されたTBS系「サンデーモーニング」で張本勲氏が、【第93回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会】で11位に終わり、88回連続91度目の出場はならなかった中大について、「情報によると、ちょっと内紛もあるそうだから。よく考えて立て直した方がいい」と発言した。この発言に対し、中大陸上部の部長を務める野村修也法科大学院教授(54)が自身のツイッターを更新し、張本氏の発言内容について訂正を求めたことを明らかにした。内容は《直前の部員会で短距離の選手も交えて円陣を組み健闘を誓い合いました。当日の朝も選手と監督、コーチ、そして前監督も一緒に円陣を組んで出陣しました。一体どこに内紛があったのでしょう。精一杯頑張った選手と大学の名誉を著しく傷つけるもので到底看過できません。訂正と謝罪を強く求めます》というもの。僕は以前から、張本氏が新聞記事などを“情報によると・・・”と得意そうに話していたことが気になっていたが、とうとう・・・。まぁスミマセンと謝れば一件落着するのだろうが・・・。
 今日の競馬を振り返る。京都11Rで行われた【第21回秋華賞】は、福永祐一騎乗の3番人気ヴィブロス(栗東・友道康夫厩舎)が差し切り勝ちをおさめた。タイムは1分58秒6。レースはクロコスミアがすんなりハナに立ち、前後半の1000mは59秒9-58秒7のイーブンペース。ヴィブロスは中団の外めをスムーズに追走して、直線は外から鮮やかに突き抜けた。半馬身差の2着には好位追走から伸びたパールコード(4番人気)、さらに半馬身遅れた3着に外々を早めに進出したカイザーパル(8番人気)。僕本命の1番人気のビッシュは後方追走から伸びを欠き10着に敗れた。
 勝ったヴィブロスの勝った要因は道中の位置取り。そしていいリズムでの仕掛け、福永の完璧な騎乗だった。姉が実現できなかったGⅠ奪取、それを初GⅠ挑戦で勝てたのは能力の高い証拠だろう。まだまだ良くなる可能性もあり楽しみだ。2着パールコードも良く走っている。最後は勝ち馬の瞬発力に屈したが、先が楽しみになるレースぶりだった。3着カイザーバルはもう少し内枠だったら、もっと際どかったのかもしれない。力をつけている。4着ジュエラーは枠順と道中がすべて。外枠に出せれば結果は変わっていた気がする。10着ビッシュは位置取りの悪さが命取りとなった。それでも最後の弾けなさは不満。どうしたのだろう。今後のコメントを見てみたい。
 ヴィブロスは、父ディープインパクト、母ハルーワスウィート(母父マキアヴェリアン)という血統。栗東・友道康夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は佐々木主浩氏。通算成績は7戦3勝。重賞初勝利。【秋華賞】は友道康夫調教師、福永祐一ともに初勝利となった。
 ゴルフ【日本オープン】最終ラウンドは単独首位でスタートした松山英樹が5バーディー、4ボギーとスコアを1打伸ばして通算5アンダー。2位に3打差をつけ、国内メジャー大会初制覇を果たした。国内ツアーは2014年11月の【ダンロップフェニックス】以来、2シーズンぶり7勝目。この試合を観ていて世界と日本の差をしみじみと感じる試合であった。今日の松山、他の選手に比べ一枚も二枚も上であった。しかし今日のゴルフだと、世界では勝てない。それでも勝てる日本一のし合いって・・・。でも面白かったけどね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 期待はずれ・・・DeNA,日大 | トップ | ドラフト&競馬…日本シリーズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL