風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

難解な親日の反日老人

2017年03月08日 08時38分59秒 | 随想

報道は北朝鮮・中国・韓国の日本に反感を持つ反日を話題にする。

日本とは何だろう。

四季のある山川草木豊かな瑞穂の国、中央政府に統治された民主国家、二つに大別される。

経済最優先で瑞穂の国を荒廃させる中央政府の総理大臣である安倍晋三記念小学校だったが、神道は宗教でないという瑞穂の國記念小學院の創設を目論む森友学園に国有地を不当廉売した事案に疑問を感じる古希を過ぎて心身の衰えを自覚、全日の農作業が辛く、半日で終了する老人は反日だろうか。

徒然なるままにカタカナを敬遠し、漢字とひらがなで難解で意味不明の文章を書く老人は親日だろうか、呆け老人には難解。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイナス消費税 | トップ | 新幹線と在来線 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

随想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。