風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

天気予報は宝くじ

2017年07月16日 04時02分35秒 | 随想

明治17年の東京気象台の最初の天気予報、「全国一般、風ノ向キハ定マリ無シ。天気ハ変ワリ易シ。但シ雨天勝チ」

この予報は正解である。

人智の及ばない自然現象を予報する暴挙は、万物の霊長の驕った態度だろう。

美しい女性の気象予報士なら、話の内容を聞き流し、その容姿端麗な姿に見とれる。その言葉を信じる者は裏切られる。印象操作だ。

自然相手の農耕民族の天気予報は死活問題だったので、独自の観天望気の知恵を培ったが、工業立国では粗末に扱う。

異常気象では予報が嘘でも笑って過ごし、政治家の嘘に対して鈍感な国民を育成するのだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国技は芸術 | トップ | お友達からレッドカード »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。