風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

老人の詩

2016年09月15日 16時57分20秒 | 随想

喫茶店に婆ちゃんと二人で入って 渋茶を注文すること ああ それが老人

青春の詩の拓郎が老人の詩も作詞している。その拓郎も古希を迎え、立派な老人。

本日は年寄の日を改め老人の日である。国民の祝日ではない。

9月の第3月曜が敬老の日として休日になる。毎日が日曜日の老人にとっては連休は日常茶飯事、労働者諸君は嬉しいだろう。

老人は65才以上の人間で、75才を境として前期と後期の高齢者に別れる。

敬老は年に関係なく誰でも実践可能なのであるが、現代社会では老々介護が唯一存在する敬老精神の実践である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無仏心から有仏心 | トップ | 悪事赤信号、善行緑 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

随想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。