風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

自然は教師

2017年04月19日 06時20分54秒 | 随想

乙川河畔の河津、岡崎城の染井吉野、秋が来て冬が過ぎ、春になると桜が満開になる。四季のある祖国は素晴らしい。

高遠小彼岸桜見物は長年の夢だったが、遠路駆けつけ実現。

気象庁の認定した予報士の協会は四月中旬が満開の予想なので、早々と高遠に近い駒ケ根に宿を確保した。

天候不順で地元の桜は開花が遅れ、行くべきが行かざるべきか、ハムレットの心境。

長雨が止み、天気晴朗、出発進行、残念無念、高遠は満開に程遠い咲き始め。

今年が駄目なら来年があるさ、勝てないドラゴンズの怒りも収まる。人間は自然から多くを学ぶ事ができる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アベノミックスの終焉 | トップ | 極論の危機 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。