風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

戦争で平和

2017年01月03日 21時54分45秒 | 随想

元旦、翌日は息子三人と嫁二人と孫達四人で大混雑、接待の戦争状態、それぞれが活動拠点に戻り平和が戻る。

元旦に録画した映画を見る。

実話を美化した映画で、君の名はジョン・スタージェス監督、スティーブ・マックイーン 、ジェームズ・ガーナー、チャールズ・ブロンソン 、ジェームズ・コバーン 、リチャード・アッテンボロー 、デヴィッド・マッカラムの米国の「大脱走」

デヴィッド・リーン監督、ピーター・オトゥール主演の英国の「アラビアのロレンス」

朝から夜まで見続けた。戦争は男が主役で多くの死人がでる、悲劇だ。

平和憲法の日本を代表する反戦映画は黒澤明の「七人の侍」。

言葉や武力の暴力より自然相手の食糧調達の努力が美しい戦争で、人類の平和がある。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異常の閉め | トップ | パソコンの妄想 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

随想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。