風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

認知できない認知症

2017年05月06日 00時07分35秒 | 随想

古希を過ぎて二回一旦停止を怠たり、指定方向外進行禁止の標識を見忘れて右折したり、速度標識を無視して法定速度で走行したり、四年間で四回軽微な交通規則違反を繰り返しお巡りさんを煩わせた。

73歳の今は一年間に二回の違反で減点四点、自己分析して原因究明に努めた。

二回も一旦停止違反すると一旦停止が脳みそを占領する。右折禁止違反した時も一旦停止して前後左右を確認し車両がないことを認知したので進行した。指定方向外進行禁止の標識を認知できなかった。

若い時は多面的に気配りができたが、齢を重ねた老人はこれと決めたら頑固一徹、世間では認知症と認知する様だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経済のフェーン現象 | トップ | 楽しみなドラゴンズ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

随想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。