風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

老人の老婆心

2017年04月22日 05時34分43秒 | 随想

老人は生甲斐として毎日ネットのブログに投稿すると決めた。昨日は投稿したと思い込んでいたが、勘違いだった。あの野郎、ついにボケ老人になったとの幻聴が聞こえる。痴呆症を発症した不安を覚えるが、一念発起、名誉挽回、連続投稿する。

老人は世間を悲観的に俯瞰するのが特性なのだろうか。ドラゴンズ、また連敗だろう。

一昨日と昨日と、また負け戦、深酒して早々に就寝、草木も眠る丑三つ時に起床、ネットで結果検索、何と一昨日は逆転勝利、昨日は引き分け、落合竜の常勝球団に原点回帰した。又吉の先発の負けが消えたのは、また良し!

それにしても懸命に戦う選手諸君に対し、引き分けが勝率に関係しないのは気の毒、救済策を連盟、監督など管理職は配慮するのが人間の善意と思うのだが間違えだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老人ボケと痴呆症 | トップ | 忖度は八百屋の長兵衛 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

随想」カテゴリの最新記事