風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

財務大臣の反乱

2016年10月29日 00時43分00秒 | 随想

安倍総理大臣の麻生太郎財務大臣は2020年東京五輪・パラリンピックの開催費用が3兆円を超す可能性問題に関し、東京都と国際オリンピック委員会で協議してもらうのが一義的なことだ、東京五輪は日本五輪ではないと強調。

舛添の前の石原後継の猪瀬都知事と共に東京招致に総理大臣が極めて積極的だった。

リオ五輪の閉会式では総理大臣がスーパーマリオに扮して、次回主催者の小池知事より目立っていた。

親分の森会長の指示で、東京五輪を日本五輪と国民に錯覚させた総理大臣は行動責任がある。

国民目線なら財務大臣の発言を成程、 御意、仰せの通りと納得、拍手喝采する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロウソクの終末の炎 | トップ | 至極当然、NHK敗訴 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

随想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。