風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

風邪を引く馬鹿者

2016年10月17日 18時18分46秒 | 随想

諺に相違して馬鹿は風邪を引く様だ。快晴の日曜日に寝込んだ。

馬鹿は愚か者の事で、仏教の印度語の莫迦が転訛したなど諸説がある。

古代中国の話。

権力者:新種の馬です。

皇帝:鹿だろう。

皇帝が臣下に訪ねると、権力者に追従する人種は馬だと答え、正直者は鹿だと答えた。

権力者は鹿と答えた有能な皇帝の臣下を処刑した。

黙して語らぬ国民の声を聴かずに、議席数の多数決で事を決める権力者の政治、TPP、東京五輪、原発再稼働、首都一極集中、等々問題点を指摘すると馬鹿者呼ばわりされる。

脳味噌の中は雲一つない快晴の脳天気、無邪気に秋空を飛び回る極楽トンボやトンビが老人の風邪の予防、馬鹿者役は若者に譲り、健康で活躍を祈る。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老人の青春の旅 | トップ | 脳味噌も病気 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。