カバディ全日本練習日記

全日本練習の後、選手が練習内容や感想などを更新していくブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

代表候補練習〜227回目〜

2016-10-29 10:42:56 | 選手の練習日記

【日付】平成28年10月27日(木)

【場所】大正大学体育館

【参加者】真仁田、畠山、川上、下川(実戦抜け)、藤井(実戦抜け)、斎藤(実戦抜け)、河野

【記入者】河野貴光

【練習内容】
1.W-up
2.トレーニング(アジリティ)
3.基礎練習
・レイドポジショニング→フィニッシュ
4.実戦形式
・3-1、ポジショニング
・3-1
・2-1
5.C-down

【所感】
まずはじめに、練習の参加人数が少なすぎます。ケガ、学業、休み明けの調整など様々な事情があるのはわかります。しかしワールドカップが終わり、新たな課題が生まれ、アジア大会まで2年を切ろうとしてる中、このままのペースでいいのでしょうか。ワールドカップ最後のミーティングであつく話していたあの気持ちや姿勢はどこへ行ってしまったのでしょうか。
とにかく今の日本は練習をして自信をつけていくしかないので、練習に参加出来るように各々カバディ以外でも努力をしていきましょう!

練習では実戦の前にレイドの基礎練を行いました。セカンド前で動きコーナーが出てきたところをタッチするという単純なものでしたがまだまだステップからフィニッシュまでの精度の低さが見られます。いつの間にかコーナー側に引き寄せられてしまったり、目線が外れてしまったり、フィニッシュで体重がのせられないなどあげられます。実戦の中でお互いに指摘し一つ一つ直していきましょう。

実戦ではスーパータックルのある3人以下を行いました。序盤はアンティのプレスが足りず中で動かれてクリーンタッチなどありました。どんな状況であれ正面は必ず技をかけることを徹底しましょう。また、アンティペースで進めていくために、きちんと足を動かしてプレスをかけましょう。
レイダーはどうしてもアンティを追ってしまっている事があります。相手を引き出し触る、来なかったら反対側を攻めるようにしましょう。ストラグルでは足を取られてからの踏ん張りが足りませんでした。ダイブ、カウンターを受けるときに手を出して少しでもずらせば次の一歩が変わると思います。何度も反復して身につけましょう。

今回の練習は参加者も声を出してましたが、見学の人からもかなり声が出ていました。練習で追い込むためにはお互いにプレッシャーをかけていく必要があります。今日のような雰囲気を作る事が質の高い練習に繋がると思いました。


最後に、我々はたくさんの方々の支援や応援のもとカバディが出来ているということを忘れないでください。次こそは結果を残してみんなで喜びを分かち合えるよう努力し続けましょう!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代表候補練習〜226回目〜 | トップ | 代表候補練習〜228回目〜 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。