回遊魚の旅日記

時の流れる音をききながら歩いたり歌ったり
少しづつ昔の暮らしをとりもどしつつ。

富士山へGO!

2016-11-07 18:46:49 | 富士山

11月6日(日)

3日(文化の日)にまごっちの七五三、5日(土)に混声の合唱祭参加も終わりました。ちょっとひといき(^^)

七五三参りの神社。神社の名前にちなんで亀さんの紋様でした。

さて、6日はお天気もいいし、立川方面にある昭和記念公園へイチョウを見に行こうと車を走らせる。

7時半に家を出たので中央高速も空いていてあっという間に府中のあたり。

前方にドーンと雪を頂いた美しい富士山の姿!

近くに行きたい!と急きょ予定変更、インターを降りずにそのまま一路本栖湖へ。

富士山は奥日光と同じくらい何度も行っていて今さら?と云う感がなくはないのだけど、この冬の青と白のくっきりとした山容には抗いがたい。

ところが、朝早かったせいか、位置関係のせいで逆行だったからか、どこからみても灰色とブルーのシルエットのような富士山でした。

本栖湖:9時半

西湖:10時

河口湖:11時

河口湖畔には、いつも立ち寄る大石紬の資料館があるのですが、今日はその横の道を山側に上ってみました。

ちょっと車道から離れただけで静かな里の道です。

思いつきで右へ左へゆっくりぐるりと廻ります。

光の加減で富士と反対側の山はくっきりと稜線が見える。

立ち止まると湖からの風なのか、空気が美味しい。とても気持ちがいい。

小さな神社があったり、御蔵があったり、柿の木がたわわに実る曲り道があったり・・

やっぱりこういう昔ながらの曲がりくねった街道のような道が好きなんだわ。

だーれもいません。

 

 

お昼は湖畔まで戻って新蕎麦。

土地の野菜の天ぷらが美味しかった~♪

さらに西に廻ると湖畔のメインロードはもみぢ祭りの人で大混雑!

お祭り渋滞を抜けて今度は山中湖へ向かう。

富士五湖は西から本栖湖、精進湖、西湖、河口湖、と並んでいますが、山中湖はぽ~んとひとつだけ東の方向に離れています。

途中の裾野の景色もススキの生い茂る荒野のようで、ことさらに初冬の厳しさを感じます。

 

富士山は眺める場所からさまざまに形が変わり、好みもあるけどわたしは山中湖からの男性的な富士の姿は好き。

しかし逆光~。山中湖を初めにドライブすればよかったかな(××)

山中湖:14時

 

カフェでコーヒーを飲みながら眩しい眩しい富士山を眺め、御殿場インターから東名で帰途に着きました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう少し秋で・・。 | トップ | おりんの音 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。