今日も魚が旨い

中学生になった娘と奮闘するブラックバス釣行記と、アマチュア劇団座長の演劇日記。たまに詩吟の話。まぁ要するに趣味の語り場。

第3戦 早春のトップゲーム

2017年03月21日 02時15分13秒 | 釣り
春分の日は暖かいとの天気予報だったので、
京都帰りで疲れているのも忘れて、昼直前から大江川最下流へと向かった。

時期がなんだ、
マッチザベイトがどうの、
なんて気にすることなく、
トップゲームがしたい!

ので、
タックル2本は、スプラッシャー(ペンシルポッパー)とペンシルベイト。

スプラッシャーを投げて数投、
ライントラブルでルアーだけがすっ飛んで行った。

対岸近くまで飛んで行ったルアーは緩やかな流れに乗って流れていく。

半分は諦めて、
焦らずルアーをお馴染みのツインテールに付け替えて下流に向かって釣り下がる。
それでも大半はペンシルをドッグウォークとスケーティングを繰り返していた。

そろそろすっ飛んでいったスプラッシャーが来る頃だろうと、対岸に回ると、
目の前に流れ着いたwww

およそ5m。

ペンシルで回収を試みる。

5~6投で回収に成功!

トップの強みだね。
否。
そもそも去年使い込んだラインのままってのが、そもそもの間違い。
回収したルアーは、
結び目の直前でラインが切れていた。

その後、
すぐ隣で50up出してた人のあとをツインテールでズル引きとストップ&ゴーしてみる。
少しだけリフト&フォールしてみると、2回目あたりでバイト。
同じコースでもう一度リフト&フォールすると、またバイト。

今日の見せ場は、この2回のバイト・・・とすっ飛んで行ったスプラッシャーの回収だけwww



ただ、
ルアー回収するのに、かなり正確なキャストが出来ていた。
もちろん、真面目に釣るためにも今日は良いキャストがいくつもあった。

ようやく狙ったところに入れられる回数が増えてきた。
ただし、ロッドが振れる場所に限るが。

杭回りをタイトに攻められるキャスティングを身に着ければ、
もっと釣果も出ると思う。

午後から約4時間。

2バイト、1ロス1回収。

キャスティングの練習だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の京都 | トップ | 第4戦 フリッピングができ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。