今日も魚が旨い

中学生になった娘と奮闘するブラックバス釣行記と、アマチュア劇団座長の演劇日記。たまに詩吟の話。まぁ要するに趣味の語り場。

春の京都

2017年03月20日 01時54分21秒 | その他
3/19(日)
流派の本部(京都)で、毎年行われる婦人部大会に母とそのお弟子さんを連れていくために、一路、京都へ。

3連休だったからか、高速も市内も渋滞。
予定より1時間以上遅れて到着。

"婦人部大会"の名称通り、出演は女性に限る。
元々は四世家元の奥様(現家元の祖母)がはじめられたそうだが、今回で45回となる。

母もお弟子さんも、出演はせず、見に行っただけ。
まぁ、
お勉強とご挨拶ってことだ。
特に、母の場合は「生存確認してもらう」ってことが重要w

私は、ジーンズにジャケットのラフな格好で出掛けたが、浮いていた。
完全にしくじった。
総本部の偉い先生方も、おおよそ車いすを押しに来たことはわかっているとは思うけど、
いくら母の介添えと言えども、ジーンズはアカンかった。


会の締めは、来賓の偉い先生方の模範吟の披露がある。
ここは、男性がほとんど(全員か?)。
これを聞いて勉強するわけだ。

滅多に聞けない偉い先生方の吟を聞けたのは収穫だった。(独吟だったし)



帰ろうとしたとき、
駐車場は狭いので、切り返して出ようとしたら、
輪留めのブロックの角にタイヤを擦ったらしく、激しく空気の抜ける音がした。
案の定、パンク。
急遽、JAFを呼んで近くのタイヤ屋さんに連れってもらい、タイヤ交換してもらう。
予定外の出費。

そして、帰りも渋滞。

帰宅は22時過ぎになってしまった。



恒例のウィークエンド介護だったが、
トラブルで余計に疲れた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教える事が学ぶこと | トップ | 第3戦 早春のトップゲーム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。