つれづれなる・・・日記?

日常思ったこと。興味/関心事を気ままに書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『1リットルの涙』第8回 「1リットルの涙」感想

2005年11月29日 | ドラマ(過去分)
さて、みなさん、大号泣でしたか?

今回はちょっと非難覚悟の上で、正直に感じたことを書きます、
ついに、タイトルの「1リットルの涙」=>転校の回が来ました。

結局、今回も涙は一滴も出ず。
泣けるより、つらいんですよ。このドラマは。

遥斗(錦戸亮さん)の言ってることがすごく染みて。
「おまえら、ずるいよ・・・」から以降、その印象が最後までひきずっちゃいました。
現実、遥斗をはじめとした、生徒の討論が正直なところだと思います。
距離が近い人は別ですが、同級生くらいの距離だったら、あんなところでしょう。

父親が働きに出ること、母親が仕事をやめようとすること、自分が怪我をさせたこと、クラスが自分を邪魔者扱いすること、家族の温かさは変わらないこと・・・。
いろんな要因が重なって、思った以上に早く学校を転向することになりました。
亜也さんは、前から覚悟はしていたので、背中を押されただけの感はあります。

池内一家は本当に温かいし、いい家族ですね。
夫婦がお互いを思いやるし理解できてるし、コミュニケーションもたっぷり。
理想ですね、まったく真逆だったから、こういうシーンの方がちょっと危なかったりします。

最後の演説はもうちょっと・・。
亜也さんの話については、それぞれに感じるところが、あると思いますので、書きません。
どう、表現すればいいかわかりませんが、あの流れで泣ける生徒たちのは。
邪魔もの扱いしてた生徒たちが別れるから、泣くってのは・・。


亜也さんの日記にあった

「亜也ちゃん、行かないで」と言って欲しかった

の気持ちを考えると、泣くよりは辛かったです。

折鶴も寄せ書きもなかったですね。

次回の方が泣きそうな予告でした。
ついに、遥斗とも別れでしょうか。今度は号泣かな?


過去の感想です。
第1回:『1リットルの涙』第1回「ある青春の始まり」 感想
第2回:『1リットルの涙』第2回「15才、忍びよる病魔」 感想
第3回:『1リットルの涙』第3回「病気はどうして私を選んだの」感想
第4回:『1リットルの涙』第4回 「二人の孤独」感想
第5回:『1リットルの涙』第5回 「障害者手帳」感想
第6回:『1リットルの涙』第6回 「心ない視線」感想
第7回:『1リットルの涙』第7回 「私のいる場所」感想

1リットルの涙 公式HP


おまけ:
前回から鬼嫁は感想は書いてません。今週分は見てません。
もう、あきらめました。だめです。このドラマ。
理不尽、わがまま、屁理屈、無理やりの感しかない。
最後はきれいに終わらせようとしてるのだけはわかるけど。
軽くあとで、暇があったら見る程度です。
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2ヶ月で290万円の携帯代... | トップ | 耐震強度偽装問題参考人質疑... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (honey)
2005-11-30 00:04:02
私も今まではうるっとはきても泣くまでいかなかったんですが

今日はだめでした~~~。

あの音楽も効果をさそっているというか。

最後の演説でみんなが泣いたのは、あれをきいて

ようやく気づいてくれたのでは・・と

いいほうに解釈しています。
やはりそう思われますか (KinichiM)
2005-11-30 00:22:15
私もあの木藤さんの日記の言葉の方が真実として重いです。ドラマのメッセージと真逆と言ってもいいと思います。現実はなんて残酷なんだろう。

でも、私は麻生君タイプで迷惑な場合はそれとなく伝えるし、「大丈夫」の場合は言った以上何もいいません。しかし、そうでないほかのクラスメイトと同じ対応の方が、社会では生きやすい・・・
こんばんは (ぼん)
2005-11-30 00:28:29
TB、コメントありがとうございました。

最後のシーン、泣いている周りを見て

遥斗はどう思ったんだろうなあ~と

ちょっと思ったりしました。

次回はまた別れがありそうで、今度は

泣きそうです。

こんばんわ (くう)
2005-11-30 00:40:47
毎度トラバありがとうございます♪

今回は、私が思っていたのと同じような感想で、思いっきり共感させて頂きました。

私も今回、号泣できなかった1人です。

泣くとか言うよりも、辛かったです。本当に。

現実を見ちゃいましたから。
●コメントありがとうございます。● (きょう)
2005-11-30 00:41:16
honeyさん

いつもありがとうございます。

>最後の演説でみんなが泣いたのは、あれをきいてようやく気づいてくれたのでは・・といいほうに解釈しています。



転校が決まってから、すぐあの演説ってせいもあると思いますが、寄せ書きとか折鶴とかがあれば、たぶん、そういう解釈もできたと思います。



KinichiMさん

>私もあの木藤さんの日記の言葉の方が真実として重いです。



あれでも、まだドラマだから、オブラートに包んでると思っています。現実はもっともっと厳しいし、冷たいですよ。



>しかし、そうでないほかのクラスメイトと同じ対応の方が、社会では生きやすい・・・



確かにそうですよね。

実際、自分があそこにいたら、距離にもよりますが、多分、同じように、亜也のことを思っていたと思います。そう考えると、辛いですよ。





ぼんさん



>最後のシーン、泣いている周りを見て遥斗はどう思ったんだろうなあ~とちょっと思ったりしました。



遥斗の本心はドラマで明らかになっているのですが、クラスメイトは結局のところよくわからないままなってますから。



>次回はまた別れがありそうで、今度は泣きそうです。

ラストに向かってさらにきつくなりそうな予感がしてます。



これからもよろしくお願いいたします。
●泣けない・・・● (きょう)
2005-11-30 01:02:52
くうさん

こちらこそまいどお世話になってます。



>泣くとか言うよりも、辛かったです。本当に。現実を見ちゃいましたから。



現実は甘くないですよね。

1話から、超現実路線で見ているせいか、まだ泣けてません。

ドラマの中身が悪いわけではなく、よくよく考えると現実なんですよね。

これでも、まだオブラートに包んでるほうでしょう。



これからもよろしくお願いいたします。
こんにちわ (じゃすみん)
2005-11-30 14:03:24
こんにちわ。私も泣けませんでした・・・・。



 障害者と生活をしているだけに、

福祉サービスのアレを利用したらとか、ボランティア窓口がとか、考えてしまって。亜也のお母さんがその専門家という設定だけに、早く諦めさせようと放置してるのかと筋違いに腹が立ったりして(^^;;;)



 実際、面と向かってお前がジャマだと言う人は(通りすがり以外では)滅多にいないモノです。ワルモノにはなりたくないのでしょう。

 でも、よそへ行くと言ったらひきとめてもらえない。そんな 日記に書かれたような真実には胸を抉られました。



 原作そのままドラマに出来なかったのかと思いつつ・・・・

分かり易い表現で、1人でも何か考えてくれる人が増えたらいいとも思いました。



 長々スミマセン。30を越すTBに付け加えさせていただきました。
Unknown (mari)
2005-11-30 14:48:41
一晩寝て、少し落ち着きました。

これから、よくならない人のあんな演説聞いたら

逃げ出したくなります。親しい人、恋人だったら、

胸が張リ裂けます。流す涙は悔し涙でした。
●コメントありがとうございます● (きょう)
2005-11-30 21:28:15
じゃすみんさん



>障害者と生活をしているだけに、福祉サービスのアレを利用したらとか、ボランティア窓口がとか、考えてしまって。



まぁ、原作は20年以上前ですから、それはそっちに合わせたということで。

でも、HPでざっくり探してみたんですが、本当にいろいろとサービスがありますね。ちょっとびっくりです。



>実際、面と向かってお前がジャマだと言う人は(通りすがり以外では)滅多にいないモノです。ワルモノにはなりたくないのでしょう。

>でも、よそへ行くと言ったらひきとめてもらえない。そんな 日記に書かれたような真実には胸を抉られました。

感想でも書いたんですが、あの流れでは、泣くよりも辛いほうが・・。



>原作そのままドラマに出来なかったのかと思いつつ・・・・分かり易い表現で、1人でも何か考えてくれる人が増えたらいいとも思いました。



中間評価でも書いたのですが、全く同じ意見です。

過度な演出はこのドラマには不要だと思います。



mariさん

いつもありがとうございます。

>これから、よくならない人のあんな演説聞いたら逃げ出したくなります。親しい人、恋人だったら、胸が張リ裂けます。流す涙は悔し涙でした。



早希とまりと遥斗はくやしかったと思います。

が、それ以外の人の心情は・・。

でも、距離が近かったら、悲しい涙は流れないでしょうね。



これからもよろしくお願いいたします。
こんばんは (黒猫のみわ)
2005-11-30 22:06:10
トラックバックありがとうございました。



遥斗の父親の言葉が、とても印象に残りました。

彼女にとって、どこにいることが幸せなのか?

心の居場所。身体の居場所。



お母さんの書かれた手記を読んでいると、転校後もお友達とは、ずっと交流が続いていたんですよね。

心の居場所は、きっと友達のいる教室。



また、来週もお寄りください。

●コメント&TBありがとうございます● (きょう)
2005-12-02 01:30:59
黒猫のみわさん

はじめましてです。

>彼女にとって、どこにいることが幸せなのか?



客観的に見ると今回の転校は体の居場所としては正解だと思います。

ただ、心が残ってるので、幸せかどうか。

しかし、亜也の判断したことなので、彼女が幸せだと思えればそれでいいでしょう。

そのあたりは次回以降に描かれるのでしょうか?



これからもよろしくお願いいたします。
Unknown (The Sea Monkey)
2005-12-02 12:22:09
TBありがとうございます!!

今回はかなり辛い内容でしたね。。。

辛すぎてこの気持ちをどう表現していいか

分からない感じです。

次回は遥斗との別れのようですが、

次回も辛い内容になりそうですね。。。
●TB&コメントありがとうございます● (きょう)
2005-12-03 02:29:15
The Sea Monkeyさん

いつもおせわになります。



>次回は遥斗との別れのようですが、次回も辛い内容になりそうですね。



今回よりも次回の方が見ているほうはつらいかもしれないですね。

病気も一気に相当進行しそうだし、別れもあるし。



これからもよろしくお願いいたします。

あわせて読む