小牧の旅のあれこれ

あちこち旅をしている時のあれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダウェイ半島先端まで長距離ドライブ

2017-01-03 23:23:09 | ミャンマー
2016/01/03(火)
 朝7時に予約のバイタクの若者が来た。昨日ダウェイ半島の突端に在る、シンモウン・パヤーまでの運転を頼んで居た。市内を抜けダウェイ川を渡り半島を南下する。突端までは70Km以上あり、約2時間半とかなりの距離だ。幾つかの町や村を過ぎ、概ね平坦な田園風景を進む。半島の先端部に近ずくと山間のアップダウンの道となった。間もなく海岸縁を走り、一山越えて漸く先端部のシンモウン・パヤーに到着した。バイクの後ろに長時間座って乗って居るのは、非常に疲れる。加速で体が後ろに持って行かれるので、腿の筋肉が引きつり降りた時は歩け無かった。以前もラオスで長距離バイクで1日乗って居たら、同じ目に会った事がある。レンタルバイクで自分で運転すれば違うのだろうが、知らない道路事情のリスクを考えて運転を頼んでチャーターにした。

        最初は平坦部だった

       幾つかの村々を通過

        先端部の山道

    途中の村々で飾り付けをしていた(祭りの準備?)

        先端はまだ遠い

        途中の漁村

        やっとシンモウン寺院に到着
 半島の先端にシンモウン寺院があり、崖に沿って3段にパヤーやお堂があった。一番下の僧の像がある所が本当の先端部だった。その脇の小道の先の岩屋には、涅槃仏が祀ってあった。ここまで来る参拝者も居て、熱心にお祈りをしている。ここからは眼下にアンダマン海が一望出来る。ここまで来るにはやはり車が楽な様だ。


        一段したのお堂

         お堂でお祈りする人達

       二段下の仏塔


        最下部のお堂

        眼下にアンダマン海と小仏塔

       小道の先の岩屋の涅槃仏
明日は独立記念日で休日なので、大勢の人たちが押し寄せるとバイクの運ちゃんビジョウ氏が語っていた。この前クリスマスの休日に聖地ポッパ山に行った時も大勢の人達で、大渋滞だった事があった。休日前を選んで良かった。
 戻りは30分程走り、途中のレストランで昼食休憩にした。その後来た時の疲れが加わり、体が支えられなく成り途中で停まって貰った。町に着くまではスピードを落として貰ったが苦痛の連続だった。1時間ガマンを続け漸くダウェイ市内に戻った。新しいショッピングセンターでビールが飲めると言うので、ドライバーと飲みに寄った。なにしろ長いハードな旅だった。

        長ーいミンカワウービーチ

        漁船が沢山ニャウピン漁村ビーチ

        途中で給油
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街中をサイクリング | トップ | 郊外 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ミャンマー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL