風音土香

21世紀初頭、地球の片隅の
ありをりはべり いまそかり

白鳥

2017-02-24 | 生活の風景






盛岡の高松の池にて。
寒くて耳が痛くなったけど、
かわいいのでつい長居(^^;
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷麺 | トップ | 本がある風景 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
注目されてますね (ヒデマル)
2017-02-28 06:59:44
白鳥さんの注目を浴びていますね
何か特技でも披露されたのでしょうか
白鳥さん、優美なその姿と裏腹に
そのお声は意外にワイルドです
むかし、近隣の湖に生息していたはぐれ白鳥さん
一緒に暮らすアヒルさんの3倍ぐらいうるさかった記憶があります

白鳥の歌、シューベルトの歌曲集ですが
白鳥は生涯にただ一度だけ歌う、と言う寓話を元にした歌曲だったと思います
この歌曲を編集した人は、実際の白鳥をご存じなかったのでは無いかと思ったりもします
>ヒデマルさん (風屋)
2017-03-02 13:03:43
そばにいた小さな女の子が
白鳥の餌である食パンを持っていたので
私を見ているのではなくパンを見ているのです 笑
私の家の周囲でも、
朝晩ねぐらから餌場に通勤する白鳥達が
毎日声を掛け合いながら飛んでいますよ。
空を飛んでいる白鳥の声は良いものです。
近くにいると想像以上に大きいし
案外ワイルドですよね(^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生活の風景」カテゴリの最新記事