風音土香

21世紀初頭、地球の片隅の
ありをりはべり いまそかり

あだ名

2017-05-11 | 文化
あえて、ブログカテゴリーは「文化」笑

高校時代の同級生の間で
結構たくさんの友人たちにあだ名をつけてきたし
あだ名で呼んでもきた。
中にはそっちがデフォルトとなり、
本名がすぐに出てこなかったりする人も(^^;
幾つか挙げてみようか。

(ワタシが名付けて定着したあだ名)

宮 本 ・・・これは高校時代の先生。
       本名は全く違う名前なのだが
       なにせクールファイブの宮本さんそっくりだったので。
       中には職員室で「宮本先生」と呼びかけて
       ムッとした顔でシカトされた同級生もいたらしい。
       あれから40年経ったけど、同級生たちとの会話では
       「宮本先生」がデフォルト

シ キ ・・・国語の教科書にある正岡子規の横顔にそっくりで「シキ」
       とても分かり易い・・・と自画自賛(笑)

ジョン ・・・これもJohn Lennonに似ているから。
       単に丸い眼鏡をかけてただけなんだけどね。

ウ ス ・・・くしゃみが派手で、となりのクラスにも聞こえるほど。
       当時北海道の有珠山が噴火していたので、そこから。

サカナ ・・・定着まではいかなかったが、我々周囲ではそう呼んでいた。
       ちょいと左右の目が離れている女の子に。
       でもさ、そこが可愛かったんだよ(^_-)

(いつの間にかそう呼ばれていたあだ名)

ヘイズ ・・・陸上だかボクシングだかで似ている選手がいた由。
       本名は未だもって(ワタシは)わからない(笑)

スケマサ・・・とても偉い人になっちゃったので、誰かは言えぬ。
       社会人になってから通りの真ん中で、
       大声で呼びかけたら「勘弁して」と言われたことあり(笑)

ゴギャラ・・・女の子のあだ名だったけど、面と向かって言ったヤツいる?
       あだ名の語源は知ってるけど・・・言えない(笑)

タマミ ・・・これも女の子のあだ名だけど、これも面と向かっては言えない。
       語源ももちろん明かせないけど、男子はみんな知っていた。
       可愛い響きだけど、本名は全く違う。

オヤンズ・・・「親父」という意味の方言。
       無精髭を生やし、どこからどう見てもティーンには見えなかった。
       他にも髭生やした晩からな奴らはいたけれど
       こいつは顔の作りも親父くさかったなぁ・・・。

ちなみにワタシにあだ名は無かった。
高校時代だけじゃなく、これまでの人生においても
定着したあだ名はないなぁ。
たぶん滅多にない名字だからってこともあったんだろうけど、
だからこそあだ名で呼ばれるヤツが時々羨ましかった。
ここ7〜8年、人によっては「風屋さん」と呼んでくれるのが唯一。
これはこれで慣れてきたけど(^^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食堂かね山 | トップ | ハルさんチョイス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

文化」カテゴリの最新記事