加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

兵庫県養父市 御祓山と「糸原のみづめ桜」

2010年11月23日 | こんな風景がある

兵庫県養父市     御祓山と「糸原のみづめ桜」 2011/04/15 再訪

兵庫県養父市
瀬戸内海と日本海との中間に位置し 1,000mクラスの里山に囲まれた 山紫水明な山里

Mizume_3












兵庫県養父市     御祓山と「糸原のみづめ桜」

国道 9号線が 福知山市から和田山を越え この養父市に至る、 
国道 9号線が鳥取方面と豊岡に至る国道312号線と分かれる所に
道の駅 「但馬楽座、やぶ温泉」がある 天然温泉の日帰り温泉として賑わっている。

ここで 9号線と分かれて県道 6号線に入る、大屋川沿いに進み糸原の部落に 駐車場が完備されている。

御祓 (miharai)山 ( 標高 773m )  この里山の登山には楽しみが 二つある 
標高 600m近くの山の斜面にただ一本の 桜の巨木がある  
糸原の 「みづめ桜」である そしてこの老桜までの山道に コバノミツバツツジの群生地が続く 「花の山道」である

Mizume_6


ミツバツツジの群生

Mizume_4 

中腹から望む氷ノ山 まだ残雪に覆われている
登山道の周りには コバノミツバツツジが咲いている

Mizume_5

                                   2011/04/15   登山


孤高の桜 みづめ桜 斜面に 1本 孤高の桜

Mizume_7

糸原の 「みづれ桜 」

         樹齢        約 600年
         エドヒガン桜
         樹高  約 15m
         周囲  約   4.25m

この みづめ桜は 1年おきに花を咲かせる
見事な満開は 隔年に見られるという大木だが 今年 ( 2011年 ) も開花しなかった
樹勢が衰え 枯れ枝が目立ってきた もう、この樹の満開は望めないだろう。

Mizume_9


2008/04/20
山道を 1時間余掛けて登ったが 花芽が出た程度で 案内看板のような華やかさはなく少しがっかり !

Mizume_10

みづめ桜の由来

「その昔、御祓山の中腹に武衛門と云う人が畑を開いていた 畑の上には古木の エドヒガンザクラ があり
武衛門は桜を見ながら仕事に励み 桜は武衛門の仕事ぶりをみつめ年を重ねてきた 武衛門亡き後、
誰云うとも無く 「ブエン畑のみづめ桜」と云う様になった。

                                     案内看板説明文そのまま転載


Mizume_8

2008/04/20 やっと蕾がついた程度 満開は 4月 末頃だろう


Mizume_a

御祓山の頂上はひっそりとしていた


     ホームページ  加藤のひとり旅に戻る


参考資料

Mizume_2

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野県伊那市  高遠城址の桜 | トップ | 新潟県長岡市  信濃川沿い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ケノーベルからリンクのご案内(2010/11/24 08:56) (ケノーベル エージェント)
福知山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2010/11/24 09:27) (ケノーベル エージェント)
養父市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。