加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

兵庫県香美町 日本一標高の高い灯台 余部埼灯台

2012年04月09日 | 岬、灯台、半島

兵庫県香美町 日本一標高の高い灯台 余部埼灯台

現在、撤去作業が行われている 旧 :国鉄の山陰本線 余部鉄橋は、鉄道橋として日本一高い
と言われていた この工事現場の傍から海岸沿いに進み 御崎の部落から伊笹岬を登りきった
所に余部灯台が建っている。

日本一標高の高い 余部埼灯台

Amaru_4

水面から灯火まで 284m 、光達距離  73m
この地に灯台が建設されたのは、昭和 26年 ( 1951年 )3月 25日でした。
当時は、山また山の山林で、建設資材は御崎の港から人力により運搬され、それも地元
御崎の人々の手によるものでした。
昭和 36年( 1961年 )までは灯台職員がこの地で生活し、灯台を守っていましたが、現在は
無人で運用しています
現在の灯台は 昭和 60年 ( 1985年 )に建替えられた2代目です。 

この灯台は、我が国で一番高い場所にある灯台です。

                                      現地案内看板そのまま記載

Amaru_2 Amaru_3

型式  塔型コンクリート造り 白色
光質   単閃白光
光度       440,000カンデラ
光達距離        23海里 ( 42.6Km )
高さ   地上から 14m  水面から 284m

位置  東経 134°32'18     北緯 35°39' 57


 

Amaru_1

一日の終り、、、 真っ赤に空を染めて夕陽が沈む

 

              ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兵庫県香美町  香住港、柴... | トップ | 兵庫県香美町  香住港西港... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL