加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

愛知県新城市  宇連川支川乳岩川 乳岩

2010年10月02日 | 地殻変動、断層、クレーター

愛知県新城市  宇連川支川乳岩川 乳岩

愛知県の奥三河地方と呼ばれるこの辺りは地殻変動を受けた奇岩、奇景が随所に見受けられる

その一つ  この「乳岩」と呼ばれる岩峰は変化に富んだ姿を見せてくれる

Cici_1

乳岩峡一帯は概ね流紋岩質凝灰岩から成っており河床は一枚岩のように見える平坦な岩盤で、きれいな水が川
いっぱいに広がって流れ、滝となり、瀬となり、変化に富んでいる。
乳岩山は標高約 260mの岩山で、その南面に標高約 400mの一大岩塊が有る この岩塊には大小、いくつかの
洞窟があって、その内最も大きいものを乳岩洞窟という。
 
                               現地案内看板そのまま転載

さ~ァ岩峰に登ってみよう

Cici_3

最初の登り口 「胎内くぐり」と言われる急登坂

この梯子を登りきるとなんと天に架かる「通天門」と言う 石門が見えてくる。

Cici_2

写真では表現できないが あっ ! と驚く景色である。

通天門をくぐり岩峰の南側へ廻り込むと 「鐘乳洞」という 洞窟にたっする

Cici_4

洞窟の端から下界を見る 足元注意 !!

Cici_5

「乳岩」  石灰質が溶け出し乳が出るようなことからこう呼ばれる。

 奇岩、奇景が続きます一度登ってみてはいかが、、、


       ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その瞬間、水しぶきが、、、... | トップ | 愛知県新城市   乳岩峡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL