加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

兵庫県姫路市  書写山円教寺

2010年08月03日 | 神社、仏閣、城

兵庫県姫路市  書写山円教寺

西国 二十七番札所   書写山 円教寺
西国 播磨の国 現在の姫路市の北端に標高 370mの小高い里山がある。
山上の一帯に 西国 霊場 二十七番札所の円教寺が 千年の時を経て、静かに佇んでいる

Enkyu_2

はるばると のぼればしょしやの やまおろし
まつのひびきも みのりなるらん

書写山への道

Enkyu_1

山頂までは 370mと低い里山だが なだらかな山道が続く、 山、全体が岩山で成り立って
いて この様な路岩の登りも所々に見受けられる。
この地質は 大昔の海底が隆起して陸地になった地層

Enkyu_3

仁王門
円教寺の正門
東坂の終点に建立された仁王門これより内は聖域とされ、門の両側には仁王像が安置
されている。
邪気を持った侵入者を防ぐ最初の砦

Enkyu_5

摩尼殿
京都の清水寺の舞台と同じく この摩尼殿も舞台造りとなっている。
石段の下から見上げると その舞台の骨組みの巧みさに先人の技を感じずには
いられない。

舞台の上に上がって驚くのは 張り出した床は緩やかな水勾配がとってある 緩やかに
人が滑らない程度に

Enkyu_4

摩尼殿
摩尼殿の舞台を見上げた図 この舞台から秋の時期に見下ろすと 楓の紅葉と
松の緑とが相まって 素晴らしい日本画の世界に引き込まれます。

Enkyu_6

大講堂 
書写山円教寺の本堂です 
開山は 千余年前に開かれた天台宗のお寺


                 ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兵庫県丹波市  大梅山興禅寺 | トップ | 兵庫県高砂市  石乃宝殿 ( ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL