加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

山梨県北杜市 山高神代桜

2010年11月21日 | 孤高の桜

山梨県北杜市    山高神代桜

北杜市山高地区にある 日蓮宗の実相寺境内の鐘楼脇に 日本一古い桜の巨木がある
樹齢 2,000年といわれている桜の大木は 2000年間 花を咲き続けてきた。

Jindai_2         Jindai_3

実相寺本堂の 大津山 実相寺山門額        実相寺の本堂 日蓮宗の寺


神代桜

Jindai_b

樹齢 2000年と推定されるこの桜の巨木は 一時、樹勢が衰えたが
懸命な回復環境整備の努力により近年は樹勢の回復がみられた

アズマヒガンザクラ 
国指定 天然記念物
樹齢  2000年
日本最古の桜といわれている
  
  根回り   13.5m
      幹周り   11m

Jindai_a

幹の太さからも日本最大の巨木という風格がつたわる
樹高は主幹は僅か 2.4m である
2000年間という長い年月で上部は完全に朽ち果ててしまった。

Jindai_c

悠久の時を感じずにはいられない



日本三大桜     
岐阜県根尾の薄墨桜   桜の花びらが満開から薄墨色になる事から薄墨桜といわれる
福島県三春の滝桜   桜の花びらがまるで滝が流れ落ちるように見える事から滝桜と呼ばれる        


       ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山梨県甲府市  天龍山 慈雲... | トップ | 山梨県北杜市小淵沢町  神... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL