加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

地球深部探査船 「 ちきゅう 」

2010年03月01日 | なんでも日本一

海洋開発研究機構の 地球深部探査船は 現在、静岡県清水港に停泊している

勿論、 世界一の探査船です。

Chikyu_12


2005年9月 19日 名古屋港 金城埠頭に世界一の掘削能力を持つ地球深部 探査船

「ちきゅう」の一般乗船見学会 が開催された。

Chikyu_5










 「ちきゅう」 操舵室一般公開の様子



海洋研究開発機構が建造した7,500mという世界一の掘削能力を持つ地球深部探査船
「ちきゅう」が 金城埠頭で報道陣に公開された。

Chikyu_2








続いて、 子供達と保護者の 「ちきゅうの学校
乗船見学会 」が行われ 19日一般公開が行われた。



まず 展示コーナー模型展示と説明パネルの様子。

Chikyu_3

地球深部探査船 「ちきゅう」

Chikyu_4

しんかい 6000  1/2の模型

地球深部探査船 「ちきゅう」は何をするのだろう。  ( 説明パネル  縮小せず少し重い )



地球深部探査船 「 ちきゅう 」の活動目的を模型で造ったもの。

Chikyu_10

ちきゅう号の掘削能力は世界一 を誇る驚くものだ
水深   2,500mの海底から更に地球 内部に海底下7,000mまで掘削できる。


右の説明模型でその目的を示している、日本の南海では右図の様に二つのプレートがぶつかり巨大地震 か発生する。
海底下 約5,000mにあるプレートの 境界を掘削して巨大地震の発生するしくみを探る壮大な計画だ。


「 ちきゅう 」 の船内を見てみよう

Chikyu_1

掘削やぐら

Chikyu_7

ドリルピット駆動装置説明文

Chikyu_8

噴出防止装置

Chikyu_6

掘削ドリルの刃先

Chikyu_9


海底の岩盤の固さによりドリルビットは使い分けられる。

日本が世界に誇る 地球深部探査船 「 ちきゅう 」は清水港で出航の準備を整えている


                 ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥鬼無里、奥裾花公園 | トップ | 文部省航海練習船 初代 「 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL