加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

特別史跡、特別名勝 「一乗谷朝倉氏遺跡、下城戸」

2012年03月17日 | 神社、仏閣、城

特別史跡、特別名勝 「一乗谷朝倉氏遺跡 下城戸」

文明 3年 (1471年) 、戦国大名、朝倉氏が 五代 103年間にわたって越前の国を
支配した城下町跡

 歴史詳細は福井県公式ホームページ →  特別史跡、特別名勝 「一乗谷朝倉氏遺跡


下城戸
戦国大名朝倉氏は一乗谷に館を構え谷の最も狭くなっている自然の地形二ヶ所を利用し、
土塁を築き「下城戸」「上城戸」を設けて敵軍の攻撃や侵入を防ぎ城内を守ったと思われる


Asaisita_1

この下城戸は長さ 50m 高さ 5mと推定され桝形構造作りで特に門に当たる所は45ton以上
の巨大石が使われており、北側は、壕も発掘されており北からの守りを固めていたと思われる

                             現地説明看板そのまま


Asaisita_2


参考資料  説明文

Asaisita_3



            ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福井県福井市 特別史跡 「... | トップ | 福井県福井市  一乗谷一乗滝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL