加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

兵庫県三木市  大谷山 伽耶院

2011年04月23日 | 神社、仏閣、城

兵庫県三木市  大谷山 伽耶院

Kayain_8

伽耶院は飛鳥時代 ( 645年 ) 法道仙人が開基した古寺で、花山法皇が大乗経を五部奉納
されたという由緒もあり、後西上皇から伽耶院の勅号を賜っている。
かっては、数十の堂宇と百三十余りの坊舎をもって栄えていたが江戸時代以前に 2回の火災
により焼失し、現在の建物はその後再建されたものです。

Kayain_1

仁王門

安置されている尊像は行基菩薩の作と伝えられている金剛力士であるが、天正年間 秀吉の
三木城攻めに際して頭部及び脚部を焼失した

Kayain_2

山門

Kayain_3


開山堂   明暦二年 ( 1658年 )
京極右近高供の寄進により建立され、開山の法道仙人を祀る
堂内部の壁面には極彩色の飛天が描いてある

Kayain_4

本堂    伝慶長15年  ( 1610 )
内陣と外陣を格子戸と欄干で分けた典型的な密教寺院建築
安置されている毘沙門天は平安末期の作

Kayain_10

多宝塔   天保四年  ( 1647年 )
小倉城主 源忠真の寄進によって建立され、弥勒菩薩を安置している
初層は方型 二層は円形

Kayain_6Kayain_7   
Kayain_5




           ホームページ   加藤のひとり旅に戻る


参考資料  現地説明文

Kayain_9

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兵庫県新温泉町  金龍山泰... | トップ | 愛知県新城市  山城 亀山城址 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL