加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

大分県九重町 / 鳴子川 震動の滝 ( 移転 )

2011年03月30日 | 渓谷、滝めぐり

大分県九重町 /   鳴子川 震動の滝

九州の中央部 九重町を流れる鳴子川に 日本の滝 百選の一つ震動の滝が
流れ落ちている
大分県九重 ( kokonoe )町 鳴子川にかかるこの震動の滝は 雄滝と雌滝から
なり 日本の滝 百選に選ばれた。

Shin_3

   雄滝  落差 83m

Shin_1  Shin_6

雌滝  落差 98m 
雌滝の方が落差は大きいが上の写真の様に
雄滝は一気に豪快に流れ落ちる そして雌滝は
絹をまとう様に流れ落ちる。

姿、形から名が付いたのであろう、 ちなみに案内書によれば 震動の滝の名の由来は 
流れ落ちる滝の音が周辺の渓谷を震動させる程とのこと。



            ホームページ   加藤のひとり旅に戻る        

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大分県九重町  松木川 竜... | トップ | 大分県竹田市 神原の滝 (... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL