加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

中央構造線の旅 三重県 櫛田川粥見露頭

2010年03月08日 | 地殻変動、断層、クレーター

中央構造線の旅 その  4-1

地図を広げてもこの断層は表記していない ほとんどが地中にあり日本列島が 
折れ曲がって今の形になったことは解らない。
だが 地表をたどって日本海から太平洋へ良く見ていくと 所々で断層が露頭している。

     こんな旅も面白い  

央構造線
三重県の中央構造線

Kaumi_3
三重県松阪市飯南町粥見

Kaumi_4
中央構造線粥見露頭

三重県の櫛田川沿いには中央構造線の断層が 現れている
この粥見地区では断層が確認、観測できる

Kaumi_5Kaumi_6

断層は粥見地区を真っ直ぐ走っている  上の写真は橋のすぐ脇、 削られた崖に現れた筋と
この橋を斜めに断層は走っている

Kaumi_2
断層位置図 

Kaumi_1
中央構造線の説明看板

        
                   ホームページ   加藤のひとり旅に戻る



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中央構造線の旅 三重県 櫛... | トップ | 糸魚川、静岡構造線の旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL