加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

兵庫県多可町   播州富士  笠形山 ( 939m )

2011年06月17日 | 登山、里山

播州富士  笠形山 ( 939m ) 登山

Kasa_5

千ヶ峰の西に播州富士と呼ばれ、笠を伏せた形の山がある ちょっと天気は悪いが通り掛りに
登ってみた、麓の大屋登山口に駐車し 杉林の中を進む稜線まで出れば低木の小道を行く。

山頂下に天邪鬼が建てたと言う橋の橋脚がある

Kasa_4

国土地理院 山頂の三角点  笠形山 939mの標識

Tateiwa_6      Tateiwa_5

天邪鬼が立てた立岩と立岩の基礎部

見たところ丁度、橋のピア ( 橋脚 ) のように立っている 伝説によると、その昔
この笠形山に住む天邪鬼が笠形山と隣の入相山 ( 780m )の間の谷間に橋を
架けようと思いつき作業に取り掛かったが夜が明け、朝陽が射してきて山奥へ
逃げ込んだ
橋は架けられなかったが ピアは現在も残っている。

          ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

 

参考資料

Kasa_1

全国に 立岩 と呼ばれる奇景が 3箇所あります 一覧表をクリックして下さい

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兵庫県多可町    播磨の... | トップ | 姫路市  日本三彦山の一つ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL