加藤のひとり旅

ひとり旅を続けて 50年 ここは自然と巨大科学を追い求めている一個人のブログです、日本の風情を巡ります。 

福井県敦賀市   核燃料リサイクル開発機構  もんじゅ

2010年09月24日 | 原子力、発電、電力

福井県敦賀市   核燃料リサイクル開発機構  もんじゅ

若狭湾に突き出たこの敦賀半島には 3箇所の原子力発電所が稼動している
それぞれ特徴を持った原子力発電所である

核燃料リサイクル開発機構  もんじゅPR館
仏教用語の 文殊
三人寄れば文殊の知恵といわれる もんじゅ から名付けられた 核燃料サイクル開発機構の
高速増殖原型炉である
核燃料リサイクル開発機構は核燃料の有効利用開発を目的に自主技術の新型転換炉「 ふげん 」
の運転を開始 約 25年間運転の後 高速増殖炉 「 もんじゆ 」を開発した。

Monju1

もんじゅは研究実験原子炉であるが 1995年試運転中に ナトリュウム漏れ事故を起こし運転中止
となった

Monju2




現在の もんじゅ の状況
2005年 09月より ナトリュウム漏れ事故の対策 改良工事に入り 約 17ヶ月後
工事完了試験とプラントの確認試験に入る予定である。


         ホームページ   加藤のひとり旅に戻る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福井県おおい町   関西電... | トップ | 福井県美浜町 関西電力㈱... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

原子力、発電、電力」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ケノーベルからリンクのご案内(2010/09/25 09:55) (ケノーベル エージェント)
敦賀市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。